ペルソナ3

  • 2008.05.21 Wednesday
  • 22:35
先日クリア。
因みに、所謂「メガテンシリーズ」は未プレイの為、
「らしくない」というのをイマイチ理解してない。
結論から言うと、個人的にはものすごーく面白かった。

まずシステム。
4月からスタートし、一年間の生活を一日一日プレイする。(といっても、時間とか範囲はかなり限られる。そこはゲーム。)
昼は学園生活を楽しみ、人間関係を広げる事で「コミュ」をアップさせる。
コミュは「ペルソナ」を強化する為に必要とするので、必要不可欠な要素であるのだが、
その「ペルソナ強化」を「人間関係」というドラマに絡める。という方法が面白い。マッチしてる。一つ一つのコミュのシナリオは単純明快なものだが、少なくともそれほど「おつかい」な感じはしない。
キャラクターが良いのかも。
恋愛的なコミュもあって、グラフィックとあいまってか恋愛SLGっぽい気もする。
だが、それはそれで良し

夜は「影時間」と呼ばれる時の間、「シャドウ」と呼ばれる怪物を倒すために「タルタロス」というダンジョンの探索を行う。
ダンジョンの探索に関してはかなり熱中できる。
構造は自動生成。つまり、単純化されてはいるものの、そこは戦闘システムやら、シナリオ等でカバー。

戦闘において、プレイヤーは主人公のみを操作し、仲間はCPU。
敵の弱点を突けばもう一度行動できる「ワンモア・プレス」。
敵全員をダウンさせることで発動できる「総攻撃」。
等等。独創性の高さそして、テンポの良さが目立つ。
相手に弱点突かれるとこっちも危ないし、新しく出てきた情報の一切ない相手に対してどう構えるか。という緊張感もあったり。
戦略性が高い。

気になるのはやっぱりCPUの思考。
序盤はできる事が限られている為、それほど気にならないが、
ゲームが進むにつれて補助スキル等も増えていくため、あと一撃ダメージを与えれば終了。という場面で敵の防御力を下げたり。
全体HP回復スキルをなかなか使ってくれなかったり。
許容範囲といえば許容範囲だし、命令で有る程度制御できるけどやっぱり気になる。
ご愛嬌といえばご愛嬌か?
それと、主人公が倒れればゲームオーバーというシステムの中で即死スキルの成功率が高いのも気になった。

シナリオ。
「絆」とか「命」がテーマ。
ハッキリ言って粗は目立つ。後半急激に話のスケールが大きくなったり。
けど、一年をプレイする。という事による厚みもあってか、どこか説得力はある。
それぞれ人間味溢れる感じが印象的。謎や伏線の回収もキッチリしてた。
でもって、キャラがかなり魅力的。声優も力入ってる。
メインキャラは中盤でガンガン増えるが、個性豊か。会話を見てても楽しめる。
イベントに関しても高揚したり絶望したり、それぞれの反応を見るのが面白い。
一部のシナリオやイベントをラノベ的だとか批難する人が居るけど、それは邪念というか、単なる偏見に過ぎないと思う。そういう目で見られても仕方ない気もするけど。
それと、個人的にはラストがツボ

グラフィックス。
通常画面はデフォルメな3D。これが好み。リアル思考とは一線をかくす。
ただ、重要なイベントシーンはアニメで演出される。
超個人的なアレだが、アニメ絵ってのがちょっと苦手。
まあ、それはプレイしていく内に慣れたけど、どう見ても作画のクオリティが低い。
意図的なものがあるかもしれないけど、もう少しなんとかならなかったのか。

100種類を越えるペルソナはデザインがどれも秀逸。
まだ見た事のないペルソナも多いが、個人的に大好きなのはやっぱりオルフェウス

音楽。
ここまでのクオリティはサイレントヒル以来。
殆どのBGMがヴォーカル曲だったり、ゲーム音楽の域を超えてる。
サントラ欲しい。オープニングとエンディング大好きだ。

他に、悪い点。としては・・。
特定のキャラに会話を求めるだけのコミュ、
自動生成のダンジョンを進める、外見が変わるだけのタルタロス。
どうしても作業間は否めない。飽きやすい人は危ない。

快適さに関して。
ロードが頻繁。結構PS2もガリガリ言ってたような気がする。
イベント等では場面の切り替わりに長めのロードが入るのが気になった。

一度にキャラ全員の装備を変えたり、
ペルソナ合体や召還のついでにペルソナ削除ができなかったりと、
なんというか、細かい点ではあるけど、配慮が足りない気がする。

それと、時間はかなりかかる。
自分が一周にかかった時間は80時間程度。
でもって、ラストバトルは2時間ぐらいかかる。

とまあ、書き殴ってみた。
全体の印象はかなり良い。買って良かった。
中古で通常版を購入したわけだが、拡張版のフェスは欲しい。評判イマイチだけど。
7月10日発売のシリーズ新作「ペルソナ4」も気になる。
でもって、過去シリーズも気になる。中古屋でFF10が980円に対して2800円ぐらいで売られている所を見ると、やはり需要は高いらしい。
サントラも欲しいし、どこから行けば良いのやら(?)

ウルトラマン Fighting Evolution Rebirth

  • 2008.03.19 Wednesday
  • 21:55
ウルトラマンゲームの決定版・ファイティングエボリューションシリーズの四作目。
2005年に発売し、2007年に廉価版が発売。前評判を承知の上で買ってみた。
以下、タイトル呼称はFER。シリーズ呼称はFE。

随所で言われてるようにこの作品のウリはオリジナルストーリー、オリジナルキャラクター。
ド派手な必殺技。これまでのシリーズを一新したシステム。
といった感じ。

とりあえず良い所から書いていこうか。
まず、随所から感じるスタッフのやる気。
オリジナルストーリーにオリジナルキャラクター。もうこの時点でやりたい事をやってる。という強い意志を感じる。
必殺技の演出とかネビュラコンボの懲り様からは原作ありき。という雰囲気が感じられる。
ネビュラコンボはタロウのスワローキックとか、
マンの背負い投げ→ジャイアントスイングとか。
ジャイアントスイングはちゃんと尻尾のある敵は尻尾を掴んで投げるようになってる。
その、所謂二次創作はまあまあ良い感じ。
ガイアのピンチに現れ、ニセアグルに挑発の手招きをするアグルとか、VSカオスロイドとか、
結構燃えるような、ニヤニヤしてしまう所はあった。

システム。
従来は敵を弱らせ、必殺技を放つ。というものだったが、
FERでは格闘しつつ、ゲージを溜めて必殺技を放つ。という、
これまでの独自性を一部捨てたものになった。
個人的にはこのシステムは好き。何というか、発動がかなり手軽になったと思う。
ネビュラコンボも特撮のゲーム化。という点で見ると面白い。

それと、フレーム数の減少。
確かに動きかカクカクした感じになってるし、ジャンプ攻撃も出しにくくなったりしているが、
それはあえての事なんじゃないかと思う。
従来のFEシリーズは終始もっさりした感じが特徴であったが、
フレーム数が減る事によって、スピーディさが生まれてる。
勿論、良い事づくしではないけど。動きカクカクは流石に気になる。

あとは単純に、ウルトラマンガイアの主題歌登場とか。
ウルトラマンコスモス・コロナモード、メフィラス星人、エレキング、ジェロニモン等の参戦。
コスモスの仕様変更も良かったと思う。

悪い所は・・。良い所より多め。

まず色んな所で叫ばれている通り、必殺技の演出や仕様。
演出そのものは結構かっこいいものが多いのだが、演出時間が長い
テンポを大幅に悪くしてる。時間をかけた必殺技がヒラリとかわされる事も少なくないし。
演出自体もあまり好きじゃないものが幾つかある。
カオスロイドSのウルトラキーとか、改造タイラントの隕石落としとか。
特撮ではなくどちらかというと漫画やアニメ的な必殺技で、個人的にはかっこよさが感じられない。
仕様に関しては、防御不能や一撃必殺ばかりで戦略性とか、そういう要素に欠ける。
この仕様によって、かなり一人用に近いゲームになったと思う。
もうヒットが決まってる必殺技の演出を長々と見せられるのだから。
初見はおおー。とか思うだろうけど。3回ぐらいで飽きる。
近年のファイナルファンタジーの長ったらしい召喚魔法を思い浮かべるとわかりやすい。

次に作りこみ不足。
大破壊モード。もっともっと作り込めた筈。
ゴモラだけじゃなく、タイラントとかも動かせるようにするとか。
大破壊モードだけじゃなく、バルタンの円盤を追うミニゲームなんかも同様に。
もっとじっくり作れたんじゃないかなー。と思う。
ミニゲームの域を超えるというのも良くないのかもしれないけど、どうにも投げやりな感じ。
メインのウルトラモードにもこれは言える。
折角のオリジナルストーリーとキャラクターなのだから、
たった1ステージであっさりと終了させるのではなく、もっとストーリーを展開させて一つ一つのキャラクターや要素を印象深いものにすれば良かったのに。

で、難易度。
やり応えがある。とも言えるが、やりすぎ感が。
隠し要素を出現させる為にウルトラモード(ストーリーモード)のミッションをクリアしていくのだが、
先述した円盤を追うミニゲームで攻撃を一度も受けずにクリア。とか、
継続時間が10秒程度しかない状態で時間切れにもちこむ。とか。
異様な難易度の高さが目立つ。ある種これもFEシリーズ恒例であるが。

最後にウルトラマンの数か。
製作の都合もあるだろうが、ちょっと少なすぎる気もする。
せめて6兄弟は揃えてほしかった。

全体的に製作者の自慰的な感じが否めない。
面白くないわけじゃないけど。ダメな点が異様に際立つ。
「クソゲー」とまでは行かないけど。惜しい作品。
原作を重視したFE4も作ってほしいけど、FER2というのも見てみたいかも。

静岡0

  • 2007.10.01 Monday
  • 16:52
何となくサイレントヒルゼロのトレイラー貼ってみた。
というか、このトレイラーを自分は今日初めて見つけた。
遅いけどそんなの関係n(ry

色々と不安要素が多い新作サイレントヒルZERO。
ライトとラジオがある点でちと安心してるんだが。音楽は相変わらずゲーム音楽とは思えんクオリティ。
もう既にサントラが欲しい。
海外製作とか言われてるけど実際どうなるんだろうなー。
いずれにしろ、自分の場合はPSPを持っていないのは致命的。
これだけの為にPSP買うってのもなー。他に惹かれるソフトがない。ウルトラマンFE0ぐらいか。
つか一応受験生なんだよね。うん。金あるわけないし。

トレイラーは続きを読むより。
続きを読む >>

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

TWITTER

HOW TO LINK

当ブログはリンクフリーです。リンクしてくれたら泣いて喜びます。 バナーが必要であればこちらを保存してどうぞ

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

IDEA
IDEA (JUGEMレビュー »)
氷室京介,松井五郎,松本隆,スティーブ・スティーブンス,佐久間正英

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM