進歩

  • 2009.05.07 Thursday
  • 16:48
マサルのレベルが20になった辺りでレベル上げに心の底から飽きたので、デカジャ無しで積極的に倒しにかかることにした。

一回目。
タケミナカタ(攻撃)・イヌガミ(回復)・ノズチ(衝撃吸収)で挑戦。
タケミナカタのジオンガが全くあたらない。
更にイヌガミのメディアも追いつかなくなり、先の善戦が嘘のように全滅。

二回目。このBGM何度聞いても飽きない。
タケミナカタをフォーモリアにチェンジして挑戦。
フォーモリアはイヌガミより遅いので、かなり安全になった筈だった。が、運悪くマサルが二回連続で通常攻撃を受け、死亡。
そもそも通常攻撃二回に耐えきれないのがまずいか。

三回目。まだ飽きない。
いきなりマハザン連発で助かる。が、攻撃が当たらず、回復も追いつかなくなってくる。
ちゅうか、MPが尽きる。
宝玉輪、宝玉で対処。
マタドールの一発めの血のアンダルシアでイヌガミ死亡。回復手段が無くなる→死は等しく…。
やはりデカジャがないとダメなのだろうか。

四回目。いい加減サントラ欲しい。
三ターンめでノズチがやられる。
マハザンが潰せないうえ、イヌガミのせいでターンが増える増える。
ちょっと粘ってみるが、無理。
せめてヒフミがあれば…。

五回目。どちらかと言うとデジタルデビルサーガのサントラのが欲しい。
ソーマを売って買ったヒフミを装備して挑戦。
マタドールの通常攻撃で順調に倒れていく仲魔。
ここでようやくイヌガミを回復役にしていることが間違いだと気付く。アホ過ぎる。

適当に仲魔を増やして合体を試したいが、ターンの調整すらうまくいかない。
スダマに「ウソだ!ホントはそんなこと思ってないくせに!」とか言われるとラグナロクをぶちかましてやりたくなる。

タケミナカタのデカジャがまだ出てこない。
習得レベルを勘違いしていたようだ。
はあ…。

アメノウズメ作成。イヌガミの代わりに置く。
先程と同じ方法でヒフミを購入し、挑戦。
更にマサルも「反撃」を習得。
というわけでメンバーは アメノウズメ・ノズチ・フォーモリア となった。

六回目。このドムドムした音がたまらん。
イヌガミより魔力が高いアメノウズメのメディアに驚く。
マハザンはほぼ完璧にシャットアウト。
…だが、これが自分の間の悪さがなせる技だろうか。
マタドール、ノズチに攻撃→クリティカル→ノズチ反撃発動→マタドール「なかなかやるな」→血のアンダルシア→血のアンダルシア→全滅。
思わず「ウソダドンドコドーン!」と叫ぶ。

道中のラフィン・スカルのスクンダ地獄を受けて、危うくコントローラをメギドラオンするところだった。

七回目。そろそろライドウの曲も聞きたい。
マハザン→Block&吸収により、フォーモリア以外ノーダメージの自ターンが三回も連続する。
マサルはフォーモリアの回復をしつつ、手が空いたらすかさずアイスブレス。
アメノウズメは勿論メディア連発。フォーモリア、ノズチは地道に通常攻撃。
ヒフミのおかげもあってか、マサルのアイスブレスがかなりの頻度で当たってくれる。
気合い→血のアンダルシアでノズチがやられる。
ここで召喚して数を補充するのか、
一か八か攻撃して倒しにかかるか迷う。

長考の末、あえてアメノウズメより早いタケミナカタ召喚。攻撃力が一番高いからだ。
…結局気合い→血のアンダルシアで元に戻る。
むしろアメノウズメがやられてヤバイ。完全にまずったぜ。

ジオンガを外すタケミナカタ。
相変わらず血のアンダルシアが強い。
血のアンダルシア→気合いでターンを終了されたので、一か八か攻勢に出る。
マサルのアイスブレス。二段ヒット。撃破!
イヤッホーイwwwどんなもんじゃーいwwwww

勝因。
・アイスブレス
ファイアブレスでもOKだと思われる。これの二段ヒットによるダメージは大きかった。

・ヒフミ
衝撃無効だけでなく素早さの上昇により、攻撃が飛躍的に当たりやすくなった。

・反撃
マサルとノズチの習得していたスキル。一度も外す事がなく、大きなダメージソースになった。

・アメノウズメ
マタドール戦の為にいるんじゃないかというぐらい適応した性能の回復役。
死んだけど。

ようやく縛りのハードさが出てきたような気がする。

そのあとなんとなく、別データでカグツチをボコボコにしてきました。
気合い→至高の魔弾が滅茶苦茶気持ちよかったです。

卑怯

  • 2009.05.06 Wednesday
  • 09:09
ギンザ坑道。
三発目の戦闘スダマ×4 スライム×2。
衝撃に弱いコロンゾンのせいでターンが増えまくり、死にかけるがマハラギの石で突破。
石はかなり重要になりそうだ。

マガタマが全く買えない。ヤバイ。
マッカが貯まったー。買いに行くぞー→カハクがイソラに一発で殺される。→回復代→最初に戻る。というのを三回ぐらいやった。
ハイピクシーが早すぎて逆にターンが削られることに気付く。

トロール戦。
攻撃力が高いので普段ならカジャ、ンダ連発だが勿論禁止。
モウリョウのプリンパ、カハクのセクシーアイが大活躍。
マハブフーラで一度不覚をとるが、混乱より魅了にした方が安全だと学習。
しかしこいつらホントよく攻撃外すな…。

マネカタの住みかを抜けた直後にスダマ×2、ノズチ×2のバックアタック。クリティカルや毒ガスの連続ダメージで全滅寸前。
ボス戦前ということもあり、かなりイラッときた。

マタドール戦。魔人戦前のこのbgm大好き。
開始と同時に気付く。今のレベルでは勝つのは無理だ。
忘れていた。赤のカポーテを。
このレベルでデカジャ習得する悪魔なんていたっけか。

調べたところ、タケミナカタが習得するようなのでレベル上げと作成に取り掛かる。

四回連続で力を吸われながらコダマ、シキガミを仲間に。
コダマとエンジェルを合体し、リリムを作成。
このリリムとシキガミを合体させればタケミナカタの完成。
デカジャ習得には更にレベルを3つ上げなければならない。
だが、他に方法はなさそうだ。
なんて面倒なんだ。
ラフィン・スカルも習得しているようだが、悪魔全書は使えないのでどちらにしろレベル上げしなくては。

気付くと、敵が弱い。
こんなにレベルを上げてしまっていいのだろうかと不安になる。
低レベルなんて制約はないし、良いよね?答えは聞いてない!

とは言ったものの、上げすぎるのもさすがに気になるので、挑戦してみた。
タケミナカタのジオンガで攻め立て、マタドールのマハザンはノズチの衝撃吸収でシャットアウト。
だが、次に回せない=スカりまくる=ターンが無駄になる。

マタドールの気合い→血のアンダルシアを受け、回復要員のイヌガミまでターンを回したかったが、ここにきて恐れていた事態。
マサル→ミス。タケミナカタ→ミス。Enemy turn
血のアンダルシアで回復要員のイヌガミ死亡。ピンチ。惜しまず宝玉輪で回復。
挑発を受けたので突撃を仕掛けるが、ミス。そして、血のアンダルシア×2により惜敗。
デカジャなくても頑張れば倒せそうだ。

開始

  • 2009.04.30 Thursday
  • 20:23
難易度はHARD。禁止事項は以下の通り
・カジャ系等のステータス上昇 ・ンダ系等のステータス下降
・「次に回す」 ・悪魔全書の使用 ・じゅえりーRAGの利用
・ライドウの召喚 ・魔人の召喚 ・イケニエ合体
・自動スキル「会心」「具足」「勝利の〜」系統の活用
・アマラ深界エンド以外でのクリア 
※デカジャ、デクンダは○。
 上記にないものは基本的に全部○(マサカドゥスの装備等)

というわけで、プレイ記を書いていきたいと思う。
更新頻度は高くなるかもなー。
ただ、これで通算3週目で流石に飽きが来てるので。途中でダレるかも。
無理だと思ったら色々変えてくかもしれない

主人公の名前は「仮面ライド ディケイド」にして他の面子もライダーの名前にしようと思った(先生→自由を求めるのでクウガ辺り(?) 新田勇→キバかレンゲル辺り 「橘」千晶→ギャレン とか考えてた)けど流石にやり過ぎ感があって止めた。
主人公の名前は「花中島 マサル」。いつもどおりです。

死亡記。

・初戦闘。四戦目のコダマ×2。
 攻撃→スカ→コダマの攻撃(クリティカル)→コダマの攻撃→死は等しく訪れよう
 ぼっちゃまどころかご老体の目の前で早速死んだ。

・衛生病院。ピクシー、シキガミ、コダマと、初期メンバーが揃ったのでセーブしようとSターミナルへ。
 あと三歩のところでカハク×3に遭遇。
 カハクがラクカジャを連発→やる気なくした。→逃げる→失敗→アギ(マサルへ)→アギ→アギ(マサルへ)→カハクの打撃クリティカル(マサルへ)→アギ(マサルへ)→死は等しく訪れよう
 逃げるは基本成功しないらしい。

・シブヤ、ディスコ前。スライム×3。
 打撃がイマイチだからジオで攻撃しとくか。→スライムのターン→自爆→死は等しく訪れよう
 すっかり忘れてたよ・・・。

・アマラ経路。エアロス×2、コロンゾン×1にて、
 コロンゾンに気をとられている内にワダツミ装備の主人公がアーシーズのジオを食らいまくる。
 そもそもザン役のコダマがコロンゾンに瞬殺された上、ハイピクシーも燃料切れだったのだ。
 シキガミと二人になりながらなんとか撃破。
 達成かn→敵の増援だ!→アーシーズ×3、エアロス×2。
 太刀打ちできず。なんでこのタイミングで援軍来るの・・・。


ボス戦記。

・フォルネウス戦。
 ピクシー、シキガミのジオで難なく撃破。
 あまりに難がなさすぎてHARDな気がしなかった。

・スペクター戦。
 集中攻撃にて一体撃破後、スペクター合体。
 ハイピクシーとコダマのディアで回復しつつマサルとカハクで打撃。
 全体的にレベルが高かったのだろうか。スペクターが攻撃をよく外してくれた。
 最初の難関かと思いきやあっさり突破。本当に味気なかった。


「次に回す」を使えないと、弱点を突ける悪魔がいてもまるでターンが節約できない。
あんまり楽しくないから次に回すは解禁しようかとも思った。(しないけど)
ちゅうか、まだカジャもンダも本格的に出てきてないからまだつまらん。
HARDの洗礼は受けたけど。
ヤバイ。文章が楽しくない。やってる事はやってるハズなのに。

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

TWITTER

HOW TO LINK

当ブログはリンクフリーです。リンクしてくれたら泣いて喜びます。 バナーが必要であればこちらを保存してどうぞ

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

IDEA
IDEA (JUGEMレビュー »)
氷室京介,松井五郎,松本隆,スティーブ・スティーブンス,佐久間正英

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM