第/45話

  • 2010.08.01 Sunday
  • 10:28
運命の依頼。
園崎琉兵衛を恩人とする女性。とてつもない恐怖の存在であること知らずに憧れを抱くというのは何だか少し哀れ。
彼女も何も知らなかった。
ところで、「『轟』『響』子」って…。鬼…?

ご馳走。
久々にウキウキの琉兵衛。そういえば甘い物好きなんて設定あったなぁ…。と思い出した。

園崎の土地。
随分あっさりと入れたなー。そんな所に大事な物が落ちていたりする所はやや突っ込みどころか。
亜樹子のダウジングは…、まあ良いや…。

解禁する本。
真実を知るのは誰しも怖い。今まで隠されてきた事だからこそ。
何も知らないのもアレだけど、いざ知ると知らなければ良かった。って事は幾らでもあるよねー。
若菜自らの挑発が怖い。

スミロドン・ドーパント。
何だかパワーアップしてないか。高速移動もここまでのものだったっけか。
流石にエクストリームは負けないようだが。

迷い。
響子もフィリップも迷いを振り切る為に走りだすが、その先に待ち受けているのは過酷な真実だった…。
響子が琉兵衛に憧れを抱く理由がイマイチわからないが、次回で説明あったりするかな?
それとも自分が聞き逃しただけかな?

恐怖心。
これがシュラウドの言っていたテラーの力。恐怖に体が蝕まれる…。
変身すら躊躇うようになってしまう。こうなるとやっぱりダイ大のポップを思い出す。
ポップに必要だったのは「勇気」だったが…。翔太郎はどうなるかしら。
翔太郎、竜と琉兵衛の対峙は中々ゾクゾクした。
早い所翔太郎はもずくに浸かった方が良い

猫。
アクセルは一度スミロドンを圧倒した事があった筈だが…。やっぱりパワーアップしてるのかな。
と、ここで久々にサイクロンメタルが活躍。流石だ。
ミックがここまであっさりメモリブレイクされたのは意外。ミック可愛い。

怪物。
今まで隠されてきた大ボスの能力が明らかになるという事でワクワクした。
デザインも中々怖く。噛み砕いてしまえというのもエグい。
照井はやられ役に徹してしまっているが…。

衝撃。
フィリップは既に死んでいる…?
落っこちて地球と直結したとかそういう感じかと思ったが、それどころじゃなく死んでいたとは。
そんな所まで予想できなかったぜ。

次回。
祝う家族、恐れる翔太郎、そして照井はタービュラーと合体…?
残すところ、後4話。

スポンサーサイト

  • 2020.06.02 Tuesday
  • 10:28
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>

    TWITTER

    HOW TO LINK

    当ブログはリンクフリーです。リンクしてくれたら泣いて喜びます。 バナーが必要であればこちらを保存してどうぞ

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    recommend

    recommend

    IDEA
    IDEA (JUGEMレビュー »)
    氷室京介,松井五郎,松本隆,スティーブ・スティーブンス,佐久間正英

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM