The Killers - Day & Age

  • 2009.01.09 Friday
  • 20:31
ザ・キラーズ
ユニバーサル インターナショナル
The Killersの3枚目のオリジナルアルバム。
日本先行発売で2200円とかなり安価。嬉しい限り。

今までのものと比べて最初から最後まで非常に聴き易い。
良い意味でめちゃくちゃポップ。で、今までの作品に比べて激しさは控えめ。
それでも楽曲の雰囲気は多彩。一曲一曲、大分印象が違う。
先行シングルの「Human」は初めて聴いた時はメロディーがキラキラフワフワしすぎでポップすぎじゃないか。と思わず笑ってしまった覚えがある。
でも、やっぱりただのポップスでは終わらない。なんというか、深い。
全曲大好きですよ。もっともっと聴き込まなければ。
歌詞もよく読んでみると、すごく面白い歌詞。
Are we human, or are we dancer?

宣伝文句にもあるとおり、かなり実験的な一枚なんじゃないかと思う。
だとしたら、これは大成功だろう。
今までの雰囲気をある程度踏襲しつつ、新たなアイディアが大量につぎこまれている。て感じ。
だからこそ完成度も高く、卒の無いアルバムが出来上がったのではないのだろうか。
「Mr.Brightside」「When You Were Young」といった、「コレだッッ!」という一曲はないけれど、もしかしたら今までで一番好きかもしれない。
まだ聴いてない人も期待して良いと思う。
「新機軸」。

スポンサーサイト

  • 2020.03.06 Friday
  • 20:31
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << March 2020 >>

    TWITTER

    HOW TO LINK

    当ブログはリンクフリーです。リンクしてくれたら泣いて喜びます。 バナーが必要であればこちらを保存してどうぞ

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    recommend

    recommend

    IDEA
    IDEA (JUGEMレビュー »)
    氷室京介,松井五郎,松本隆,スティーブ・スティーブンス,佐久間正英

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM