クロサギ 19

  • 2008.06.17 Tuesday
  • 19:34
毎度の事ながら、一度読んだだけでは詐欺の細かい内容を把握しきれてない自分。
色んな用語が飛び交うとはいえ、未だに2,3回読まないと理解しきれないってのはまずいのだろうか。
勉強にはなる。闇サイトとか凄い身近。
今回の「虚偽告訴詐欺」のラスト。小切手を見せつつのキメの表情。
かっけぇぇぇ とか思ってしまった。

ドラマ面においても勉強になる事多数。
基本的にネガティブだけど、現実的というか何というか。
毎回印象に残る台詞があって、今回の「闇サイト詐欺」での言葉は特に効いた。

小熊が花の為にと、せっせと水をやって花を咲かせてあげた結果、人間に摘み取られてしまった。という内容の絵本に対する感想。
氷柱の「相手の為にしたことも、実は自分の為にした事だったり」という言葉に対して、

「別に、おれはそれでいいと思ってるよ。俺は好きだよ、エゴイスト。」
「おれが嫌いなのは、それを"相手のために"って、ごまかすことさ。」
「エゴイストなら、それでいいじゃんか。大声で叫べばいいんだよ、」
「『オレはエゴイストだーっ! 文句あるか!』ってさァ。」

ああ、ね。とか思わず口走ってしまった。
そりゃそうだ。開き直りにも聞こえるかもしれないけど、
一番下衆なのはその「相手のために」と常にごまかす事なんだろうなぁ。
ただ、「相手のために」と称した事、全部が全部ごまかしであるわけではない。と、自分は思う。
自分自身は・・・下衆だろうけど。これからも言い続けてしまうと思う。「相手のために」と。
こういうのを「偽善」って言うんだろうなぁ。詐欺にも直接繋がってる事だと思う。

スポンサーサイト

  • 2020.06.02 Tuesday
  • 19:34
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>

    TWITTER

    HOW TO LINK

    当ブログはリンクフリーです。リンクしてくれたら泣いて喜びます。 バナーが必要であればこちらを保存してどうぞ

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    recommend

    recommend

    IDEA
    IDEA (JUGEMレビュー »)
    氷室京介,松井五郎,松本隆,スティーブ・スティーブンス,佐久間正英

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM