覘き小平次

  • 2008.11.26 Wednesday
  • 22:52
学校の図書室から借りて読みました。
「嗤う伊右衛門」の流れを汲んだ、四谷怪談を原作とした作品。
「京極怪談」なんて呼ばれ方もしてる。

幽霊しかまともに演じる事が出来ず、普段はずっと押入れに引き篭もっている役者・小平次と、彼を嫌いつつもどこかで仕方なく関わり合ってきた人達のお話。
今作も恋愛が主軸かと思いつつ読んだ。
・・・まあ、主軸といえば主軸なんだろうけど。
伊右衛門より更にひんまがった(?)恋愛要素。序盤は読んでて寧ろ不快な感情さえ芽生えた。
だけど、読み進めていくと段々と明かされていく心情と隠された真実にハラハラドキドキ。
ラストもやっぱり綺麗。ただ、胸に染み渡る感じは伊右衛門の方が上。
登場人物は皆暗い。だがそれが良い。

普段は押入れに引き篭もり、襖の隙間からただただ外を覘いているだけの小平次。
そんな彼の妻であり、ことあるごとに彼に罵声を浴びせるお塚。
お塚と繋がっていたいが為に小平次との繋がりを保っている多九郎。
等等、様々。各登場人物、抱える物が違えば行動原理も違っている。
お塚は口が悪く、多九郎も非常に粗暴な性格。
けれど、彼らはその、所謂「自分の生き方」を常に通し続けている。
これは自己表現のお話なのかな。と思った。
他人におかしいと思われても、彼らにとってそれが自分の生き方なのだろう。
例え役立たずだの、本物の幽霊のようだのなんだのと言われても。

・・・個人的に、そんな小平次には共感を抱かずにはいられなかった。
小平次は「自己表現をしない」が自己表現になっているのかもしれない。
だから皆から嫌われている。それも、彼の生き方なのかな?
なりたくてなっているわけではない感じではあるが。
お塚は「ツンデレ」。という解釈で良いのだろうか。
どうにもひんまがった(?)ツンデレであるが、これが彼女の自己表現なのだろうな。
やっぱりひんまがった恋愛要素です。
個人的にプッシュしたいのは動木運平。
狂ってるけど、ある意味これが一番ピュアなのかもしれない。
だとすれば、玉川歌仙は生き方を変えた人になる。
どんどんやる事なす事が変わっていく様は読んでて何だか嫌になった。

自己中心的なのは良くないけれど、
やれ自分が生きている意味がわからないだの、
自分が何故いまこうしているのがわからないだの、明日が見えないだの、
そんな事ばかり考えている人は共感を持つのではないだろうか。
それから、切なさと共に勇気のような何かも貰えるんじゃないだろうか。と、
そう思える一作でした。

クロサギ 19

  • 2008.06.17 Tuesday
  • 19:34
毎度の事ながら、一度読んだだけでは詐欺の細かい内容を把握しきれてない自分。
色んな用語が飛び交うとはいえ、未だに2,3回読まないと理解しきれないってのはまずいのだろうか。
勉強にはなる。闇サイトとか凄い身近。
今回の「虚偽告訴詐欺」のラスト。小切手を見せつつのキメの表情。
かっけぇぇぇ とか思ってしまった。

ドラマ面においても勉強になる事多数。
基本的にネガティブだけど、現実的というか何というか。
毎回印象に残る台詞があって、今回の「闇サイト詐欺」での言葉は特に効いた。

小熊が花の為にと、せっせと水をやって花を咲かせてあげた結果、人間に摘み取られてしまった。という内容の絵本に対する感想。
氷柱の「相手の為にしたことも、実は自分の為にした事だったり」という言葉に対して、

「別に、おれはそれでいいと思ってるよ。俺は好きだよ、エゴイスト。」
「おれが嫌いなのは、それを"相手のために"って、ごまかすことさ。」
「エゴイストなら、それでいいじゃんか。大声で叫べばいいんだよ、」
「『オレはエゴイストだーっ! 文句あるか!』ってさァ。」

ああ、ね。とか思わず口走ってしまった。
そりゃそうだ。開き直りにも聞こえるかもしれないけど、
一番下衆なのはその「相手のために」と常にごまかす事なんだろうなぁ。
ただ、「相手のために」と称した事、全部が全部ごまかしであるわけではない。と、自分は思う。
自分自身は・・・下衆だろうけど。これからも言い続けてしまうと思う。「相手のために」と。
こういうのを「偽善」って言うんだろうなぁ。詐欺にも直接繋がってる事だと思う。

ひかりのまち&素晴らしい世界(2巻)

  • 2007.12.26 Wednesday
  • 12:02
この前近くの古本屋なり本屋なり回って来まして。
本当はCDが目的だったけど、CD収穫は0
やっぱりネットしかないのか・・。
といっても1月発売のCD予約してしまったし、あまり金は使えないのだけれど。

で、悔しいので漫画購入。小説も買えばよかったかなー。とか思ったけど。
その漫画が浅野いにおさんの「ひかりのまち」と「素晴らしい世界」の第二巻。


諸に影響受けた
この人の作品もっと読みたい。と思うようになった。
結構ツボ。キャラに関してもそうだし。人はそれぞれ何か抱えてるんだよね。
とにかく諸に影響を受けた


「『ああ、なんて素晴らしい世界だ』
嘘でもいいからそう思ってみれば、昨日よりちょっとは楽しい気分。かも、ですよね。」
(素晴らしい世界第二巻)

これが物凄く印象に残った。
台詞そのまま貼ってみるとか、あまり良い事ではないかもしれないけど。
何というか、頑張ってみるかー。という気になる。

アキハバラ@DEEP

  • 2007.11.12 Monday
  • 16:42
秋葉原、雑多で、猥雑で、 ってそれはドラマ版。

というわけで(?)ドラマ版から入ったアキハバラ@DEEP。
ドラマ版は個人的に、今まで見てきたドラマの中で1,2を争う程に好きなドラマである。
レンタルDVDで一通り見終わってから1ヶ月経った頃、
図書室に入荷したという事なので、借りてみた。
勿論キャラは皆、脳内でドラマ版の配役に変換されていた
イズムは性別が異なるが、口調は近いのでそれ程支障はなし。
ダルマは・・・まあ良し(※ドラマ版のダルマ=バナナマン日村)
その他はハマり役であった。特に中込とかね これまたキャラちょっと違うけど。
ドラマの詳細は・・左のオススメ商品へ。

本題・・。
現代モノでリアルに描きつつ、何処かファンタジーな感じ。そういうの大好きだが。
登場するキャラは皆どこかに「ズレ」を持った所謂(アニメ)オタク達である。
それでも、その自分にしかない技術や力を駆使して成功を収める。
という展開には同じオタクとしては(?)かなり勇気づけられたというか。
オタクでなくても、何処か悩みを抱えてる人なんかは共感できるのではないだろうか。
キャラの設定が結構深いので感情移入しやすい。わかりやすいといえばそれまでかもしれないけど。
それと、(アニメ)オタクの描写がTVなんかで見る程嫌なものでもない。
何と言うか、比較的好感を持てる。オタクだからって何もかもアレなわけじゃない。
後半の展開は派手である。だけど、そんなファンタジーな描写が自分は大好きだ。

後半の展開含め、中々好きな一冊。
「The only way is up」。心に残る響きである。

素晴らしい世界

  • 2007.11.08 Thursday
  • 20:45
姉貴が買ってきた漫画。
俺の趣味は姉貴の影響ばっかりである。
兄弟ってそういうものなのかもしれんが。

まあ、そんなわけで「素晴らしい世界」は一昨日ぐらいに買ってきたモノである。
これが、まさしくツボだったり。
良いね。読切ってグダグダになる事があまりないから良い。

コレは所謂雰囲気モノとでも言おうか。
派手な展開や描写は殆ど無い。ゆったりとしてる。
だが、あまり綺麗ではない感じ。どちらかというと少し汚い気もしてくる。生温い感じ(?)
個人的には表紙にも出てるクマさんの話が一番好き。

絵はそこまで上手いわけじゃないけど、それが味になってる。
正直初見はなんだかなー。と思っていたが、読んでる内にこの絵が良い。思うようになった。
蟲師みたいなものか。絵柄自体は全く違うが。

雰囲気に浸りたいって人は中々ツボにはまると思う。
2巻も読みたい。

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

TWITTER

HOW TO LINK

当ブログはリンクフリーです。リンクしてくれたら泣いて喜びます。 バナーが必要であればこちらを保存してどうぞ

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

IDEA
IDEA (JUGEMレビュー »)
氷室京介,松井五郎,松本隆,スティーブ・スティーブンス,佐久間正英

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM