ねごと解散に寄せて

  • 2019.07.28 Sunday
  • 18:33



これが私のアカウントで最初に「ねごと」という単語が登場したツイートです。
ここからあれよあれよと、半年くらいの間にフルアルバム一通りにカップリングも全部DL購入し。
次のアルバムが出たら絶対ツアー参加しよう、そう思っていました…。まさかそれが最後のツアーになるだなんて。
私の中では中学時代から聴き続けているYellowcard、ブンブンサテライツ、氷室京介の三組が一気に活動を終えた後、初めてその三組並にのめり込めるアーティストに出会えたと思っていたので、聴き始めてから1年ちょっとで解散の情報が舞い込んでくるのは寝耳に水も良いところで。
早朝送られてきたメルマガで知ったけど、本当にまず溜息が出てしまった。"また"かと、これから聴いていけると思っていたのに。
解散ツアーも二回参加出来たけど、すごくライブ映えするバンドなんだっていうのが初めてわかって。もっと何度も足を運びたかった。SOAKツアーに行かなかったのは一生後悔する。
音楽的にも中野さんや益子さんとの邂逅をしたETERNALBEATを経て、それらを完全に吸収したSOAKから、次のオリジナルアルバムがどんなモノになるのか、すごくすごく楽しみにしていたから、「どうして」という意味では一番もやもやする解散になった。
本人たちのコメントとして「やり切った」という言葉もあるように、バンドとしてはある程度納得のいった解散なのだろうからそれ自体を否定するつもりはないけど、やっぱり、もっと早く出会いたかったな、という思いは強く。
解散ツアー初日、「5周年のお口ポカーンフェスに参加した人手を上げてー」で沢山の手が上がっていて、それに対してえらい嫉妬してしまった()くらいには。(だって後からその辺の情報見てるとすっげえ楽しそうだったんだもん…)
いや、女々しい、マジで一回バンホーテンさんにビンタされた方が良いかもしれない、でも、真夜中のアンセムと水中都市のドラムはマジで殴られるレベルの威力だった、マジで。




続きを読む >>

好きなアーティストは氷室京介、ブンブンサテライツ、イエローカードです。

  • 2016.07.27 Wednesday
  • 18:27
去年のリベンジ宣言を経て一年越しのヒムロスを迎え、
聴きたいけど、共に流れてくるであろう情報に怯えつつも手にとったブンブンサテライツ"最後の作品”。
その直後に流れ込んできたYellowcardの解散宣言。
キャリアも世代も割りとバラバラだと思うんだけどなんとまあ奇妙な一致をしやがって。
一致といっても私がたまたまこの三組に入れ込んでいただけの話なんだけど。きっともっと手広く聴いてる人はもっと多くの経験をしているだろうし。
三組とも私の"思春期”(この言葉響きが気持ち悪くてあんまり好きじゃない)から今に至るまで特に好きな三組だった。
でもまあこれからもずっと聴き続けるんだろうな。これから出会うものもあるだろうけど、聴いてる歌手として真っ先に浮かぶ名前としてはずっと、優先順位が高いと思う。ずっと最初に上がるかもしれない。




続きを読む >>

Yellowcard - When You're Through Thinking, Say Yes

  • 2011.04.08 Friday
  • 23:15
復活!
Yellowcard!復活!!
3年待ったのか…。思ったより長くなくて良かった。3年って次のアルバム出るまでの期間と大差はないし。
まあ、個人的なタイミングとしては中々アレなタイミングなんだけど。中3に休止して高校卒業する頃に復活っていう。

1曲目「The Sound of You And Me」のイントロがもう、なんというかな、狙ってる感じがバリバリしててイイ。
次のライブがあったら絶対これで開幕するんだろうなあっていう。
全体的に雰囲気はインディーズっぽい感じ(っていうかインディーズのレーベルに行ったんだけど)
ショーンがインタビューで語っていた事がピッタリと当て嵌まる。
Yellowcardというバンドとしての「楽しさ」をもふんだんに盛り込んだような雰囲気。
ただ、フォークソング的な曲やらなんやらで、今までに比べると比較的抑えた感じの曲調が多い印象。
「Way Away」とかあそこら辺のガーッとした曲ばっかり期待してると若干肩透かしくらうかも。正直自分も一回通して聴いた時はちょっと物足りなかった。
まあそれも「インディーズの頃っぽい」に含まれている事の一つである事だったりする。
でもって抑えめとは言ってもいつも通りバイオリンが際立ってる「Life Of Leaving Home」とか、ギターがかっこいい「With You Around」とか、
カッコイイ。と唸る曲はあるし、ラストの「Be The Young」は壮大な曲調でシメてくれている。
「Hang You Up」や「Sing For Me」やらのしっとりとした曲はその中に挟まれてるわけなんだけど、やっぱりダレる事はない。
個人的に「Sing For Me」の歌詞が何だか印象深かったり。「俺の為に歌ってくれ」っていう感じの歌詞で。
ええ、歌います。歌いますからまた来て下さい(真面目

スローなテンポだけれど、その分じっくりと魅せられるアルバムでした。
二つ目の先行曲であった「Hang You Up」を続きを読む。に貼りました。よろしければどうぞー。




続きを読む >>

YELLOWCARD JAPAN TOUR 2011 at 恵比寿 LIQUIDROOM 2/18

  • 2011.02.22 Tuesday
  • 22:43
去る2月18日、2年半の時を経て復活を果たしますYellowcardのライブに行って参りました。
恵比寿なんて行ったことないという事でやはり今回も迷った。そしてやはり空が狭いや。(byユキ)
姉貴と共に方向音痴二人は一時全く逆の方向に歩いたりしつつも何とか到着できました。

今回の前座はBIGMAMAという日本のインディーズのバンド。
ツインギターにバイオリン…と、ボーカルさんが自分から言うようにYellowcardに影響を受けて結成したんだとか。
名前は知っていたけど曲は殆ど知らず。
それでも中々耳に残りやすい、エモな曲調で中々良かった。有名なクラシックの曲を生演奏でサンプリングしてくるのはYellowcardはやってない事だったかな。バイオリンの使い方がYellowcardより繊細(?)な感じだった気がする。
ちょっとボーカルの声があんまり聞こえなかったけど、演奏してる姿はかっこよかった。
そして必要以上とも思える謙虚さが好印象。小声で「ありがとー」は思わず「ちゃんと返事しろw」と突っ込んでしまったが。
バンドを組む切欠になるぐらい影響を受けたバンドのサポートを出来るなんて、相当嬉しかっただろうなぁ…。良かった良かった。彼らは一つ夢が叶ったのだろうね。
まだまだ一バンドとして大きくなっていかなければいけないんだけどね。頑張って欲しいな。

結構長めなBIGMAMAのパフォーマンスが終わって、30分ほどの小休止。
近くに外人さんと会話している日本人がいて羨ましいなぁと思っていたら近くの女の子まで普通に会話しだしてちょっと驚いた。
後のサイン会の時も思ったけど、皆意外にしゃべれるんですね…。ボカァ現役高校生の筈が一言も喋れませんですよ…。
ちょっと疎外感(?)に似たものを感じてしまった。良いなぁ話せる人。

小休止を挟んでいよいよ登場Yellowcard。
1曲目は、あの時と同じThe Takedown! あの時と同じ開幕に身震い。 ショーンは明らかに太ったね
大分嘘英語だけどコーラスはしっかりと大声で歌いました。いっつぁでぃすたーんす、いっつぁでぃふぁれーん!!
なんというか演奏は疾走感タップリで前半ちょっとイマイチかな?と思ったライアンの調子も段々のってきて良くなっていった気がする。
LPは相変わらず腕が何本有るんだろうっていう動き。ドラムソロが凄かった…。そしてライブが始まった時には既に脱いでいた…。
僕らは端っこの方で柵を挟んだ所で見ていたんだけど、モッシュピットの盛り上がりは尋常じゃなかったなぁ。
イントロで皆ぐわぁーっとテンション上がって動き出す。僕等もそれにのって体を揺らして歌い出す。
途中、湿度がものすごかったのが印象に残ってる。本当に息苦しかったw

盛り上がるのは良いんだけれど、ちょっとなぁと思う事が起こったのが今回。
冒頭のギタートラブルに次いで、Five Becomes Fourの時だったか。ダイバーさんの足がマイクスタンドに当たってスタンドが転倒。それがライアンの鼻の辺りに激突するという事故が発生。
一瞬凍りついたような空気になったし、僕も驚いたけれどすかさず代わりに歌い出すショーンに続けと、嘘英語だけど声を張り上げて歌いました。
それでも心配だったけれどライアンは鼻を真っ赤にしながら持ち直して…。
歌い終わった後には謝るダイバーさんに対して笑顔で「I'm fine」。
大人だなぁ本当に彼らは…。その後ファイティングポーズを取るライアンに吹き出した。笑いに変えるとは。
でもって更にその後にはライアンが「Share」といって投げたペットボトル入りの水を客が即座に撒き散らして、その水がライアンのギターにかかるというトラブル…。
ライアンは天を仰いでて。スタッフも慌ててたし、悪気がなかったにしても迷惑をかけるような事はしないでほしいな。
でも、そこで空気を凍りつかせないのが彼らだった。
メンデスの「Are you Professional?」(うろ覚え)という一言ネタで客は大爆笑。メンデスは一言ネタ担当だったのか(?
ついでスタッフとライアンが床を拭いている間に二人のショーンとLP、の三人による床を拭く様を途端にコミカルな絵柄に変えた即興を披露。これも爆笑した。
そんなこんなでメンデスの言うように、僕等は「Lucky guys」となったのでした(?
…ただ、真面目な話、彼等が笑って許してくれたから良かったけれど、内心は抱えている物もあるだろうし、なにより僕等もれっきとした大人な筈なんだから彼等のご好意に頼って今回の事を笑うだけで済ませてはいけないと感じた。

Anything!!
I am missing you-
everything is gonna be alright. be strong believe
leave this town!!
等々定番も経て。もっとしっかり耳で聴こうと思っていたけど、テンションに身を任せていたら時間が過ぎるのは早く。
新曲「For You, and Your Denial」も披露。あんまり客席からコーラスの声が聞こえなかった気がするので結構頑張って「Break Down!」って叫んでたんだけど五月蝿かったかしら(?
本当にあっという間に終わってしまった…。兎にも角にもやっぱり最高のライブでした。
あんなに盛り上がるんだなぁ。本当に凄いパフォーマンスでした。復活おめでとう。そしてありがとう。
欲を言えば「Gifts and Curses」が聴きたかったです。次の機会にお願いします(?

ライブ終了後、開幕前に買っておくとサインが貰えると聞いて買っておいたTシャツにサインをしたもらう事に。
サイン会の話は昨日の公演の話をネットで聞いていて知っていたんだけど、いざ挑むとなるとド緊張。
皆英語喋れて羨ましいなドチクショウと思っていたけど、本人たちを目の前にすると多分、しゃべる事が出来ても頭の中が真っ白になるんだなぁという事がわかった。
ショーンでっかいなぁ、ライアン目がキラキラしてるなぁ、LPはクールだなぁ、メンデスかっこいいなぁ…。
と、「サンキュー」すらまともに言えずにサインを貰っていると、新加入のメンバーのベースの方のショーンに、

「Nice Jacket」

と言われたぁぁぁぁぁぁぁ…。
思えば前の人にもベースの方のショーンは積極的に話しかけてて。フレンドリーだなぁと思っていたらコレですよ。
このジャケット一生捨てません。それから、「How are you?」にすらまともに答えられなくてすいませんでした…。
というわけで現物↓















こう見ると感無量だわ…。ああ、本当に行って良かった。大好きです。NEWアルバム期待してます。
因みにセットリストは

1 The Takedown
2 Fighting
3 Shrink The World
4 Way Away
5 Breathing
6 Life Of A Salesman
7 Down On My Head
8 Rough landing, Holly
9 Five Becomes Four
10 Only One
11 For You. and Your Denial
12 Believe
13 Lights and Sounds

(Encore)

14 Empty Apartment
15 Light Up The Sky
16 Ocean Avenue

だったと思います。
また、行きます。











Boom Boom Satellites - TO THE LOVELESS

  • 2010.06.04 Friday
  • 18:11
良作シングル「BACK ON MY FEET」からはや半年。ベストアルバムを挟んでの発売となりました。
シングルが個人的に大ヒットだったので久々にキャッチーすぎないアルバムになってくれるんじゃないかと期待していたけど、ある程度その期待は満たされた感じ。
「ON」も「EXPOSED」も勿論好きだけど、フツーにロックロックしてるだけで物足りなさがあった。
それはそれでかっこいいんだけど、長ったらしい余韻とかピコピコした音なんかがあまりなかった。
今回は今までとまたちょっと違ったような世界観。
それが顕著なのは前半と後半の落差かなぁ。

前半はどちらかというと近年のキャッチーな雰囲気。
「DRAIN」は発売前に聴いた感じではまたフツーなロックだなー。と思ってたんだけど、何度も聴いてたらやっぱりハマってきた。アウトロがかっこよすぎる…。
「LOCK ME OUT」はどちらかというとインダストリアルな音な気がした。ノリノリだけど重苦しくて良い。
どこで見かけたか忘れたけど、「NIN(Nine Inch Nails)っぽい。」っていう意見があって、これを聴いて納得した。

でも後半、「UNDERTAKER」辺りからディープというかな、どよーんとしてくる。「PHOTON」辺りでよく聴いた、女性の囁き声と共に(?)。
シングルの時から「ALL IN A DAY」はピアノの静かさで入り込みつつ激しくなる、長めな曲構成が好きでして。アルバムの流れの中では何というか、後半への導入って感じで良かったなぁ。

面白くなるのがアルバムタイトルでもある「TO THE LOVELESS」から。
昇って昇って昇って・・・、音が止んで鳥のさえずりが聞こえてくる。(そして「VAPOUR」へ)という久々に浸るような、飲み込まれるような(?)感覚を与えさせられる構成。
で、「SPELLBOUND」で再び落ち着きーの、「STAY」でエモい音が散らばっていく。
「STAY」はブラビアのCMでも使われているとの事で。サッカー中継見てた時にCMを見ることが出来た。
絵には中々合ってる感じ。というか、こういう曲調はブンブンではちょっと珍しい気がしたのだが気のせいかな。
「Anthem -Reprise-」とか「On The Painted Desert」辺りが近いか。
でも声で泣かせてくるってのが二曲とも違う所。だと思った。

で、史上最長の「CAUGHT IN THE SUN」へ。長ったらしい余韻が素敵。
アルバム自体も史上最長の70分越えであるが、これ一曲によるものは大きい(?)
オチとなる「HOUNDS」はこれまた何だかインダストリアルっぽさを感じる。
どっしりとした終わり方は好き。

構成そのものはお馴染みだけど、キャッチーだった所からまた更に変化してきた感じ。
やはりシングルと同じように、どちらかというと暗い空気で。良いアルバムでした。
ただ、シングルに収録されてた曲が一曲残らず収録されてる上、DVDにPVも入っていて、ちょっと「何の為にシングル買ったのやら…」とまで思ってしまった。
まあ、ファンだから良いんだけどさ。フォトブック仕様かっこいいし。(例によってTO THE LOVELESSもフォトブック仕様だけど)
聴きたくて買ったんだから良いんだけどね。


ようつべで「DRAIN」が削除されていたのでブラビアのCMを貼っておいた。続きを読む。より。
このCMを見たら思い出してね(?
続きを読む >>

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

TWITTER

HOW TO LINK

当ブログはリンクフリーです。リンクしてくれたら泣いて喜びます。 バナーが必要であればこちらを保存してどうぞ

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

IDEA
IDEA (JUGEMレビュー »)
氷室京介,松井五郎,松本隆,スティーブ・スティーブンス,佐久間正英

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM