第 ・ 8 ・ 話

  • 2011.11.25 Friday
  • 16:25
2対1。
ストライクベント シザーススイッチで鎖による遠距離攻撃を無効化っていうのはしっかりしてて良かった。
今の所のスコーピオンゾディアーツの扱いは良い塩梅だと思う。絶対的っていう程の印象でもないけど幹部として前年のグリードよろしく神出鬼没に加勢にきたりして。
ただ、幹部は数が多そうなんだけどこのペースで大丈夫なんだろうか。

グラウンド整備。
ジャージもこんな蛍光色なのかこの学校…。
意図は違っても弦ちゃんについていってしまったが為に大文字先輩も「灰色」になったと。
補習を振り切ってでも出てきてしまったというのはそれ程までに執着しているって事であり。
所詮生徒なんだから補習を抜けたらキングとしての立場も揺らぐかもしれないって考えなかったのかなぁ。そんなに嫌だったのか。
ここできちんと三浦くんの話を持ちだしたのは良かった。

決死。
美羽がパワーダイザーに乗るのは中々予想外な展開だった。
でもこれは「クイーン」として一緒にふんぞり返っていた「キング」に「仮面ライダー部」というものをまざまざと伝える要素になっていて。
まあでも美羽は元々強気な人だったから果敢にパワーダイザーにチャレンジしたのは持ち前の強気さからきたものだったと思うけど。
誰かが上から目線で人を動かすのでなく、各々が自発的に、それも懸命に動いているんだよなぁ。
だから自然に適材適所になってたり。

さよなら。
この子もヤな奴だなぁ…。
佐竹先生からも見放され始め、いよいよ擦り寄ってくる人はゼロになってしまう。
…この時点で、意図せずに弦ちゃん達の輪の中に入ってしまっていたんだなぁ。

涙。
ここ今の所一番の名シーンになった気がする。熱くてくさくて演技上手いし、すごい良いシーンだった。
自分を圧し殺して父の教えを守り貫いてきた大文字先輩の心からの叫びと涙。
なんだかんだでこのやり方は無茶苦茶だという事をどこかで自覚していたのかもしれない。それが、弦ちゃん達と関わりあう事で増幅されたのかなぁ。
三浦くんの件もしっかりと回収して、不安だった大文字先輩の改心は想像以上に納得いく展開になった。
アメフト部でも個々の意思とかそういうものを排除した指揮をとってたりしたんだろうなぁ。
勝つための駒。でも、チェスでは「キング」も駒の一つに過ぎないように、大文字先輩も父親の駒に過ぎなかった。
確かにそれなら勝てる。でも「自分」はいない。
そんなアメフト部と対照的に、存分に「自分」を発揮しながら調和しあう「仮面ライダー部」に嫉妬していた。
補習という形で図らずとも同じ立場に立って、ついに「羨ましい」という本音をぶちまけた大文字先輩、
「父の教え」という壁を壊したのではなく、壊「させた」弦太朗は想いを受け止めて大号泣。
ついでに「父親」というワードで賢吾くんまで巻き込んだりして賢吾くんもまんざらじゃなかったりして。
それぞれの内情を汲まずに集められた彼らは「問題児」として一緒くたにされ、はからずも同じ立場になることでお互いの本音をぶつけ合える事ができたのだなぁ。
そんな流れのオチとしてユウキで笑わせるというのも見事な落とし方。あの本自作かよ。本棚の幅ちゃんと見なさい。

不良。
佐竹の息子が最大の問題児でしたというオチ。描写が少なくて明確にはわからないけど、息子に対しても同じような態度とってたのかなぁ。それとも上手くやり取りできなかったのかなぁ。
まさしく悪い意味での「縛られない」ことを彼は表していて。学校では不良っぷりを隠しているというのがまた仮面ライダー部のアンダーグラウンドさと対応していたような気がする。如何せんそこの描写が皆無なんだけど。
「真っ白に洗い落としてみせる」っていう弦ちゃんがやっぱりカッコイイ。こりゃあ佐竹先生もイチコロだわ(?
不良を持って不良を制するという歯には歯をな展開が面白い。

鉄騎。
またもやスコーピオンゾディアーツの援護。パワーダイザーを出すしかないと、賢吾が誰かの為に身を粉にして、「どうなってもいい」なんて言葉まで言って乗り込もうとした所に…!
「チアリーダー部や保健室の常連には重すぎる道具だ」
かかか、かぁーっこいいー!!
強靭な体力を有した大文字先輩の操るパワーダイザーの動きは別格。スコーピオンゾディアーツを完全に食い止める程とは…。
でもってフォーゼとも連携。「ライダー電光ドリルキック」って、ストロンガーそのまんまじゃないですかー!かっこよかった。
栄光や威光をこれでもかと主張するキングとは対称的に、誰からも賞賛されなくとも影で戦い続ける仮面ライダー部。
でも誰の目に晒されるわけでもないから自由に活動できる。その分自分の意志の強さが必要だったりするんだけど。特にこれの場合、「仮面ライダー」なわけだし。
でもってフォーゼの場合、一緒になって活動する人がこれだけいるから他作品に比べるとなんというか特殊な気がする。
(今までの)アメフト部と決定的に違うのはそれぞれがそれぞれで動いている事か。前も書いた気がするけど。
誰に命令されるわけでもなく、人類の平和を守る。というのを色々な意味で体現しているのだなぁ。

破壊。
自分を縛りつける栄光を叩き潰す大文字先輩。器物損壊だけど良いシーンだった。
このあときっと三浦くんに謝りに行ったんでしょうね(?
何もない宇宙で美羽と二人きり。それは栄光を払いのけて、より大事な繋がりを取り戻した事を示しているようで。
結局付き合ってるんだか付き合ってないんだか曖昧な気がするが。
それにしても、弦ちゃん実質18点て…。

次回。
残るは野座間さん。一番名前の元ネタが直接的にキャラクター性に盛り込まれてる人なのでそこら辺楽しみ。
でもって「ブレイド」の天音ちゃんが登場と。成長したなぁ…。メイクのせいでわかりにくいけど面影はある。

第 ・ 7 ・ 話

  • 2011.11.22 Tuesday
  • 12:56
記念。
アメフト部は天高の華みたいな扱いだったけど大文字先輩のワンマンチームと聞いてなんかガッカリした(?
ただ、そうさせているのはチーム全体というよりは、大文字先輩自身のようで。
美羽を切り捨てろっていう一言で「この親にしてこの子あり」というのがストレートに伝わってきた。
ヤダなぁこんな親子関係。
思い通りにいかずに怒る「キング」とは対照的に、スイッチの扱いが上手くいかない仮面ライダー部はどことなく楽しそうで和やかな雰囲気で。
色気より食い気なジュンちゃんが凄い可愛かったです。

地獄補習。
問題児5人。やれキングだトラッシュだとのさばっていても、あくまでここは「学校」なのだから、「生徒」である以上は、こうなると皆同じような立場になる。
見下す先生と見下される生徒。佐竹先生もキングと同じで、明らかに5人を見下している。
何故5人が補習を受けさせられているのか、佐竹先生はその訳を知ってたのかな。
内情も理解しないでこんな意味のない「作業」をやらせるんじゃ何にも変わらないと思うけどなぁ。
というわけで「補習」という形で大文字先輩と弦ちゃん達に同行させるっていうのは上手いなぁと思った。
そういえば大文字先輩、実際の学力はどうなんだろう。あんまり良さそうに見えないけど…。
夜の連ドラにも出るし昼ドラでもよく見るしその上特撮でもよく見るオールマイティ俳優(?)な神保さん登板。
ニコニコしてると優しそうに見えるけど実際は恐かったり「バッドボーイ」の言い方が凄いイラッときたり流石の活躍でした。

仮面ライダー部参上。
猪突猛進な部長。対策なしに突っ込むなよw
ほとんどほっといて逃げ出すジェイクの小物感はとても良いと思う。
一方で補習から逃げ出すなと頑なに邪魔する大文字先輩が非常に鬱陶しい。
それは勿論、補習をちゃんと受けろという勤勉さからではなく、ただのエゴであり。人助けだっつーのに。
賢吾くんinパワーダイザーの敗戦は明らかに大文字先輩の加入を意識した前置きだけど、丁寧で良かった。

卑怯。
「あいつが50点など取れるわけがない」ってさり気なくその言葉もヒドいぞ賢吾くん。
「利用できるものは利用する」。父の教え。それは詰まるところ「人は利用するものだ」と言っているようなもので。
父から受け継いだもの。という点で賢吾くんに若干絡む要素ではあるが、内容は全くの別物で。
何かと高圧的な大文字先輩に対して、賢吾くんって割りとその力を誰かに託している印象。
でもってキングとしての自分の栄光を追求するのに対して、仮面ライダー部の活動はどちらかというかアンダーグラウンドで、誰かに見ていてもらうものでは決してない。
認めてもらいたいんじゃない。自分がやると決めたからやるんだ。
それから、キングに寄り添ってくれる人が全くいなかったよね。弦ちゃんを応援するユウキを見て「トラッシュとギークでお似合いだ」なんて言ってたけど、クイーンもいなくてキングは一人ぼっちだ。
宇宙グミを弦ちゃんに食べさせようとしたシーンのユウキの太ももが凄まじかった

ハウンドゾディアーツ。
二度同じ手はくわないとばかりに華麗なタックルかいひを見せる弦ちゃんがよかった。
で、今回の戦闘もそうだったんだけど、スイッチ一つ一つの魅せ方は割りと丁寧じゃないなぁという印象。
スパイクとかチェーンとか小技的に種類はいっぱいあるけど、ここらへんのスイッチを使わなきゃいけない展開っていうのはイマイチ思い浮かばない。
もっともっとかっこよく魅せてほしいというのは難しい要求だろうか。

認めない。
なんでそんなに気に入らないのか。高校生の心は複雑(?)
まさに暴走状態になってフォーゼに捕まる大文字先輩の体力がものすごい。変顔ドアップすごい。

次回。
大文字先輩が叫ぶ、泣く、駆ける。ついにパワーダイザーが本当の力を!

第 ・ 6 ・ 話

  • 2011.10.15 Saturday
  • 23:33
ピンチ。
初登場のチェーンとビートの見せ場も少ないままに大苦戦。
このユニコーンゾディアーツの第二形態は素晴らしい意外性とアイディアに満ちたデザインだと思った。カッコイイし。
しかし、恨みの対象ではないから弦ちゃんを見逃すっていう辺り、全く話がわからないわけじゃないんだよなぁ。
止めなくてはいけない事に変わりはないけども。
ところでヘッドホン首にかけたユウキの可愛さが3割増しぐらいになってるんですが。
前回の石田演出変身といいやっぱりユウキ可愛いなオイ。中の人もこんな感じらしくて好感度高し。

赤い目。
どこぞのゼクトのトップと全く同じ話し方でちょっと笑った(?
校長ってやっぱりこの人なのかな。だとしたら幹部は教師の中に何人かいるだろうなぁ。

やり過ごす。
このオーバーリアクション好き。色んな意味で物凄いあからさま。
でもってやっぱりこういう学校らしい描写がなんかほんわかする。授業終わったらすぐ教室出てったりとか。
授業描写とかもほんわかする。なんか。

理由。
新田がジェイクを襲っていた訳。
前回の「友達友達って、むかつくんだよ…」という台詞で結構複雑な経緯があるんじゃないかと思ってたけど新田に関してはストレートなお話。
インターハイを犠牲にしたってのはさらりと言うけどずいぶん思い出来事だよなぁ…。
驚きつつも守る姿勢を崩さない弦ちゃんは流石ではあった。新田の為でもあるわけで。
でもそこで、力としてだけじゃなく、友達の大切なものという要素が絡んでしまって流石に戦意喪失。
それにしてもこんな状況でなんでジェイク余裕綽々でネタばらししてんだ。やや流れとして強引か。

助けを呼べ。
新田君の恨みがありありと伝わってくるゲーム。
人は打算というか、保身でしか動かないっていうのを皮肉にも自分が犠牲になる形でジェイクは証明してしまってるのね。
まあジェイクがそういうスタンスでしか人と付き合ってこなかった。ってことでもあるんだけど。
電話帳の「如月弦太朗」の二個下にあった「キム」が気になった。

変わらない。
賢吾くん大激怒。スイッチを奪われた事よりどっちかというとそれを隠してた事に怒ってる辺りが何とも。
ジェイクみたいな人間は助けても変わらない。それをわかりながらも弦太朗は出ていく。
賢吾くんだって本当はわかってるんだろうな。助けてもジェイクはあのままなんて言うぐらいだから。弦太朗も弦太朗のまま変わらないという事を…。
そこであくまで弦太朗の行動を尊重して、というか、理解して素直にサポートするユウキと、賢吾に促す部長・美羽っていう。この女性陣の動かし方が素敵。短いながらも立ち位置を完璧に魅せてる…。

受け入れる。
捻くれてひん曲がった所も含めて受け入れる。流石にジェイクの心も動く。というか一気に雰囲気変わったな。
最終的にジェイクが特に反省も何もなかったのが結構不満だったんだけど、変わらないならばそれがその人なのだからそれをそのまま受け入れてやる。っていうお話だったからこれで良かったのかもなぁ。
でもって、ツイッターで見かけた「ねずみ男」という例えに心の底から納得しました。その内また改心するような話があるんだろうな。

エレキステイツ。
ジェイク同様、尖ったエレキスイッチを受け入れる事に成功。
金ピカで顔は結構カッコイイかも…。でも正直イライラ棒があんまりしっくり来なかった…。

にぎやか。
どんどんライダー部がにぎやかになっていく。良いね。ほんわかするよほんわか。

次回。
大文字先輩キター!
でもって脚本ではサブライター・三条陸が初登場。サブになるとどんな活躍してくれるのか楽しみ。
更に言うと平成ライダーでは結構おなじみの神保さんがゲストだったりで見所多すぎる。

第 ・ 4 ・ 話

  • 2011.10.02 Sunday
  • 00:09
風。
ユウキに投票してくれたもう一人は野座間さん…。
正式な入部ではないけど割りと積極的に関わってきてて面白い。
野座間さんにとってはもう友達なのかな?

一人で。
サイドキックスの言葉も突っぱねて、パートナーの大文字先輩に泣きつくこともせず。
女王様なだけに結構強がりな所がある。というか、強いんだなぁ美羽は。
女王様だからこそ高いプライドを持って、人に頼らないし、それでいて、頼れないとも言える。
弱い一面を見せられないというかなんというか。
そこで努力家な所を見て共感した弦ちゃんが入ってこれるっていうのが生きてくるのよね。

ボーリング。
基本的になんでも出来るのね彼女は…。
貸切にして自分の世界に浸って考える彼女の心に弦ちゃんは怯まずにズカズカと入っていく。
強気になるために一途に努力している彼女の姿を見たからこそ、応援したいと思えた。ただ威張り散らすだけじゃなくて芯が見えたからこそ。
突っぱねてるつもりでも「人を呼ばないだけでありがたいと思いなさい」っていう時点で若干気を許してるよなぁ。
強がっててもやっぱり、誰か話す相手が欲しかったんじゃないかな美羽は。
ここで本来その役回りは大文字先輩が担うべきなんだろうけど…。
「ダチだから」と屈託の無い言葉をかける弦ちゃんにやられるのは自然な流れだね…。

姑息。
珠恵の騙し討ちにまんまとやられる男二人が何度見ても吹いてしまう。弦ちゃんはともかくとして賢吾くんまでw
打ちのめされて弱々しい美羽が見られたのは劇中では始めてだったりして。「弦太朗」って名前も呼んじゃったし。
変身ポーズの大振りなモーションもそうだけど、今の所変身する瞬間は全部人の視線を映してるのよね。その視線を助けを求めるものだったり羨望の眼差しだったり予想外の驚きだったり安心の視線だったり。
そこら辺の演出も相まって、変身がものすごくカッコイイ。

阿呆。
恐れていた事が現実になってしまった大文字先輩の行動。
ネタとしては面白いけど、後々仲間になるってわかってるキャラクターをここまで貶めて大丈夫なのかなぁと、ちょっと不安。
こういう余りに単純なキャラ描写もあんまり好きくないし…。まあ、まだ4話だから判断するには早いかもしれないけど。

私のスピーチ。
美羽いなかったらユウキの圧勝だろ
珠恵の姑息なスピーチを叩き伏せる美羽のスピーチ。男らしくてカッコイイ。
女王様として突き抜けた理論は正論もはらんでて納得出来る展開だった。
それでもって弦ちゃんとのあの熱い握手…!
それから、珠恵の後ろで同じ表情をする二人が面白かった。意気投合してない?
まあでもちょっと一番怖いのってやっぱ大衆だなとかそういう事を思わんでもない。

卑怯。
美羽を盾にした非常に卑怯な戦い方。ここら辺坂本皓一監督っぽいなあと思った。ジャッキーみたいなアクション。
こういうところでの珠恵の卑怯さと美羽や弦ちゃんの正々堂々の対比はわかりやすくて面白かった。
弦ちゃんが変身する時美羽が安心するような表情を見せてたのがまた良かった。
目配せで作戦を理解しあう描写は有りがちながら好きだなぁ。やっぱりこう、信頼関係みたいのが自然に見えて。

ダチ。
なんだかんだで、心の奥底では珠恵は美羽の事を認めてる面があるからこそ、こんな行動に出ちゃったんだろう。
それを美羽が理解できるのは、同じく心の奥底で珠恵を理解して認めている面があるから。
やっぱりちょっとシメの描写がライトだけどわかりやすくて良い。

入部。
転校の代わりに入部とは。
ユウキといがみ合う展開はちょっと予想外で面白い。手に負えない男二人が情けなくて面白い。
一人加わった途端に何だか楽しくなってきた気がする。

次回。
ジェイクの話かなー。次々と新しいアストロスイッチが出てくるから楽しみ。

第 ・ 3 ・ 話

  • 2011.09.24 Saturday
  • 17:18
部活動。
仮面ライダー部として普段はアストロスイッチの調整・実験。
ゾディアーツが出現しない時の通常活動がこんな感じになるのかな。何とも充実してそうな部活動に見えてなんかイイ。
使えないと一度判断したらバッサリと斬り捨てる賢吾くん。その考えも間違いではない。でも弦ちゃんは違う様子。

取り巻き。
これまたコテコテの構図。それでも立ち向かう弦ちゃんの無鉄砲さは好き。
右の女の子は常に何か食べてるのね。前回チュッパチャップス今回バナナ。 卑猥?
プレゼントは自分の手で受け取れよ。って。熱い男。
でもこの場合は差し出す側もそれで満足してたりする。女王様ってキャラが通ってるからこそなんだけど。
こういうので一番嫌なのってちょっと前まで群がってた癖にすぐに手の平を返す一般人だったり。
「取り巻き」って一言で表される人達って大抵そうなんだよなー。
友達になることを「賭ける」っていうのは何か意外。

情報屋。
「JとK、ジェイクと呼んでくれ」とはまた面白いキャッチフレーズを作ってくれる…。
チャラ男な見た目の通り物凄い軽いキャラなんだけど弦ちゃんがノリノリだったりして何気にこの二人相性良いんじゃないか。
でも軽いからこそ内心が読めなかったり。何か色々企んでそうな感じはするけど真意まではわからない。
面白そうだから。というのは本当だろうけど。
今回早速、話術というスキルを見せたり。
っていうか弦ちゃん「若いのにそんな」って…。お爺ちゃんかお前は。

緊急部活動開始。
早速ジェイクの目の前で変身。釘を刺してくれる賢吾くんは何ともナイスな保護者。でもジェイク何か企んでるくさい。
カメレオンを逃したのは、幹部っぽいお方。サソリゾディアーツ?
サソリのポーズをとったりして中々特異な戦い方で面白かった。戦闘力が高いのは勿論のこと。
対して弦ちゃんはホッピングスイッチで大失態。サソリが帰っちゃうのが笑った。
「世の中に無駄なものなんかねえ」ってそこまで発展するか弦ちゃんよ。
ただそれは、「気に入らないからこそ友達になりがいがある」とか言っちゃう程誰でも友達になろうとする弦ちゃんの思想を表しているような気がした。
トラッシュだのなんだの言われても折れない弦ちゃん。

この曲線美。
前々回に続いてユウキのキャラが炸裂。そうだよね、このスーツのシワや汚れがたまらんのよね(?
「ついに壊れたか…まさかフォーゼの副作用?」という返しが面白すぎる。
「賢吾くんまで!?」っていうこの展開というかこの三人組のやりとり好きだなぁ。

例のプール。
坂本皓一氏は女の子の魅せ方も上手いのよね。と思ってたけどここまでストレートにやったことってライダーだとあんまりない気がする。戦隊では度々やってるけど。
やってもお色気を第一の目的にしたことってあったっけ…。まあ良いや。
ランニングしてたり食事も節制してたり、クイーンである為に努力している姿を入れてきたのは良かった。
人の上に立つには才能もそうかもだけど、それ以上にそれなりの努力が必要なのだ。
プレゼントのセンスには参った。

クイーンフェス。
ユウキのパフォーマンスは殆どアドリブだったそうな。 スバラシイ!!
ユウキこそ「ついに壊れたか…」。
対してクイーンは流石のパフォーマンス。これ練習したんだろうなぁ…。若干尺使いすぎな気がしないでもないが…。

カメレオン。
ストレートに捉えるなら先に苦しみ出した子が犯人だろうか。むしろサイドキックス二人共?
でもそれだと前回の話と丸被りなんだけど…。
体育館のイベント中に現れた怪物を撃退するとかなにこの全男子が夢見る展開。弦ちゃん戦いに関しては頭いい。

ホッピング。
カメレオンも独特な戦い方で見てて面白い。この魅せ方凄いなぁ。
無駄なものじゃねーと言わんばかりにホッピングを使いこなす。友達になるって頑張ってる時と同じ執念を感じた。
「仮面ライダー」という名前を知った事で「ロケットドリルキック」が「『ライダー』ロケットドリルキック」になったのが細かくて良かった。こういう仕掛け好きだなぁ。

陥落。
女王様キャラだったからこれぐらいやってそうだと思いそうなもんだけどなあ。っていうちょっとした違和感を覚えた。
まあでもアイドルに色々幻想を抱くのと同じようなものか。
でも自分を写したDVDはねえよ。これは折るよ。

次回。
女王を諦めようとする美羽→努力を見ていた弦ちゃんが励ます→色々あって解決して返り咲きました→負けたら転校って約束だったー→今回はチャラよ(ツンデレそして入部へ)
ってなるんですか?
それから、大文字先輩にはパートナーとして良い役どころを見せて欲しい。
真面目な話、ネタだネタだって騒ぐよりもじんわり出来るようなものが欲しい。
改心してく姿を描くのも良いけど、ここでパートナーを見捨てるようじゃあ後々改心しても絶対しっくりこなくなる気がする。

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

TWITTER

HOW TO LINK

当ブログはリンクフリーです。リンクしてくれたら泣いて喜びます。 バナーが必要であればこちらを保存してどうぞ

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

IDEA
IDEA (JUGEMレビュー »)
氷室京介,松井五郎,松本隆,スティーブ・スティーブンス,佐久間正英

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM