第49話/最終回

  • 2010.08.29 Sunday
  • 12:01
この街に正義の花束を。
花束を。アルジャーノンを思い出した。けえかほうこく。
そういえば、重なる点が多いなぁ。母親に捨てられたとか、超天才とか、実験である事とか…。興味深い。

一年後。
フィリップの居ない日常。
今までのモノローグは翔太郎が振り返るような形であったが、こういう意味だったのかもしれない。
翔太郎は毎回報告書を書いてたわけだし。
しかし、「街の顔」とまで言われてて何だかワクワクしてて、探偵物語の冒頭と重なっていた事にやんわり気づけなかった。
ん…?報告書?つまり経過報告…?

少年君。
間違ったNobody's Perfect。人は助け合いが必要だが、だからといって常に頼り続けたり依存をするようではダメ。
助け助けられ、思い思いやりあう。こちらへのメッセージとして直接的な対比。
因みにあの子役は第1,2話で翔太郎の幼少時代を演じていた子。そのままの意味で、過去の翔太郎というわけだ。
…ただ、子供へのイライラをおさえ切れない翔太郎は、やっぱりハーフボイルドなのだなぁ。

捜査。
ウォッチャマン、エリザベス、クイーン。街の仲間達とも視聴者はお別れか…。
一年経っても全く癖が抜けてない翔太郎。おいおい本当に一年経ったのかよ思ってしまった。
でもこういうのがまた泣けるんだよなぁ。翔太郎らしいし。

EXE。
「EXEファイルとは:MS-DOSやWindowsで実行できるプログラムが収められたファイル。」e-wordsより。
つまりミュージアムの再起動の為の集団である。という事か。
にしてもスケールがちっちゃくて年齢も低くて程度も低いなぁ。

切札。
TVにも仮面ライダージョーカーが登場!
シンプルなフォルムに劇場版さながらなアクション。翔太郎の「仮面ライダー…ジョーカッ(キリッ」が良いのだなぁ。
以前はちょっとてこずってたアノマロカリスをあっさり粉砕。翔太郎が強いのか、相手が弱いのか。
幾らメモリの性能が良くても、使う者が弱くては意味が無いって井坂先生も言ってたしなぁ。
昔戦った相手はこんなもんじゃなかったぜガキども。と、そんなシチュに燃えた。

一人。
「俺は強くない。自分も本当は一人じゃ何も出来ないが無理矢理踏ん張ってるだけだ。」(うろ覚え
このセリフ回しが異様に印象に残った。一人だけど、相棒との約束だから。
一人で立つ。「俺にも昔相棒がいたんだ」って感じがなんだか工藤俊作とダブって…。

若菜姫。
今回も出番は少なめだったが、照井のあの台詞は照井として凄まじく重要な台詞だった。
「この街は汚れてなんかいない!!」。初登場時の台詞を思うと…。
変身して斬りかかったのもあくまで若菜を止める為だったろうし。成長した。

母。
シュラウドの死はちょっと唐突すぎたかなぁ。後の展開を考えると自殺…?
流石に死なれると動揺してしまう若菜。「お母様」という言葉が悲しい。
「家族だから…」。

記憶する声。
間が悪い翔太郎。切ない。亜樹子の必死の謝罪と怒らない翔太郎が泣ける。
事実を知って、少年君もようやく翔太郎を理解。
相棒を失って、一人で必死に立っていた。無理矢理踏ん張っていた。
触発された少年君は愛するものを守る為に立ち向かって行く決意をした…。

立ち向かってゆけばいい。
子供を小突き回す…。本当に程度が低い。そんなのでミュージアムの名前を出さないでくれ。
一人で立ち向かった少年君を助ける為に翔太郎が駆けつける。
少年君と翔太郎のやりとりはおやっさんと翔太郎の関係をも彷彿とさせる。
翔太郎は少年にとってのおやっさん。となるのだろうな…。
リアルファイト照井がかっこいい。

忘れもん。
冒頭に現れた名もない男に翔太郎は撃たれる。
動機が軽いこと、名もない男による予想外の展開。これも探偵物語のオマージュだろうな。
なんだか探偵物語探偵物語うるさくてちょっと恐縮だが、重ねてみると色々と思う事がある。
愕然とする照井が何だか新鮮。

時系列。
なんと映像トリック。視聴者を見事に騙していた。

家族。
フィリップの為に集った家族。
園咲の目的を達成する為に。今までの罪を数えるように。
最後の最後で円満な家族の姿が凄く感動的で、このシーンの間耐えきれずに体がクネクネした。
あの時フィリップを突き落とした手の平で、今度は消える立場へ駆け寄よろうとするフィリップを止める。
フィリップが復帰して、それは凄く嬉しい事なんだけど、家族は消えてしまったんだよなぁ。
そこはよくよく考えると何だか哀しいけれど、フィリップには居るんだよなぁ。亜樹子、照井、そして翔太郎という、家族同然の相棒達が…。
シュラウドの言葉がまた効いてくる…。
永遠にさよならするのはこっちだったか。

帰ってきた。
なりふり構わず、復帰の感動を全身で表す翔太郎達。
照井の笑顔と抱きつく亜樹子が良かった。「翔太郎君は、完成されたハーフボイルドなんだから〜!」
エナジードーパントが完全に忘れ去らてるのに笑った。
照井と一緒に頷いた。笑顔で。

二人で一人の。
嬉しさを噛み締めるように、エナジードーパントを撃破。
皆も一緒に、チャリッ(手首)→「さあ、お前の罪を数えろ!」


ハーフボイルド。
探偵物語の最終回では街の仲間達が殺された事で工藤ちゃんは復讐鬼と化して犯人達を抹殺。
だが、全てが終わった後に彼は見ず知らずの男に刺されて倒れてしまう。(死んだかどうかは定かでない)
この最終回は本当に衝撃的で哀しいけれど、好き。
ただ、工藤ちゃんまでもが殺されるというくだりは元々シナリオには無かったという。松田優作の意向らしい。工藤俊作をハッキリと死なせるつもりだったらしい。
また、「仮面ライダー」とは孤独であるもの。前も書いたような気がするが、平成でもそれはキチンと描かれている。
自分が見た中での昭和では、例えばBLACKは敵を倒した筈なのに、あんな孤独なラストを迎えている。
平成で代表的なのはブレイドか。あの切ないラストは一番好きだ。
何が言いたいかというと、これらってなんというか、「ハードボイルド」な物語だったなぁと。
だけど、それに対して仮面ライダーWは相棒が戻ってくる、実に嬉しいハッピーエンドである。(園咲とか色々悲しい所はあるけど、全般的に)
この結果は仮面ライダーとしても、確実に「ハードボイルド」ではない、「ハーフボイルド」だ。この最終回はいわば決別なんじゃないかと。
ダウンタウン・ブルースのオマージュが込められた今回、翔太郎を死なせてしまう事だって出来た。同じ展開にしておきながら、ラストを全くの別物にしたのはそういう意味合いも込められているんじゃないかと。
勿論本来子供が見るものをそこまで酷い話にしない。っていうのもあるけれど、それだけじゃないんではないかと。
それこそが、「仮面ライダーW」という作品の良い所なんだろうなぁ。
「ハーフボイルド」で良いんだ。誰だって完璧でないのだから。かけがえのない存在があれば良い。
「ハーフボイルド」とは作品のキーワードの一つであり、仮面ライダーとしての立ち位置をも踏まえた言葉だったのか。
そう考えるとAtoZもより興味深くなってくる。
勿論これは悪い事じゃないよ。邪推しちゃいそうな気がしないでもないけど。作品として凄く好きだ。批判、とまでは行かないメッセージだろうし。

傑作。
今作は卒がなく、これといったトラブルもなくて、完成度という点では平成ライダー史上最高だと思う。
思えば始まった当初からワクワクしてたなぁ。脚本:三条陸! という触れ込みが一番の要因だった気がする。
軽い、それこそスカを決めたようなテンポで、でも仮面ライダーとしてのものがあって。
それでもなんともまあ、稚拙な感想しか書けてこなかったけど、一年間、凄く面白かった。
初めて平成ライダーに触れてくれた僕のお友達もこれは大満足だったろう(?
まあ、まだ、この物語には続きがあるようだけど…。


次回。
新番組「仮面ライダーOOO(オーズ)」!!
うーん。キバと同じにおいがする…。と思ってたらプロデューサーがキバの人じゃねーか。
脚本が小林靖子なのは安心する反面、今まで通りになるのかな…と、少しだけ寂しいような気がしないでもない。
でも見るよ。
タカ!トラ!バッタ!!
タ・ト・バ!
タトバ タットッバッ!!

第/48話

  • 2010.08.22 Sunday
  • 11:13
助太刀。
翔太郎達を助けたのは、冴子。
やはり最後の最後で家族に対する情が湧いたのだろうか。
テンプレのようなツンデレ台詞にちょっとワクワクする。

Never。
加頭もNecroOverの力を持っていた。ちょっと驚き。
でも映画見てない人がやや置いてけぼりな気がしないでもない。
それこそ大道克己と同じような存在。死人の体に強大なガイアメモリの力。
フィリップとの共通点。

重傷。
復帰も危ういような照井の体。テラードラゴンといい、死なない男とは言えキツい。
実際、今回は活躍する事が出来なかった。状況的にも仕方ない。
来週は活躍出来るかな…。

キャッチボール。
一人では自信がない。そうだから、今まで二人でやってきたんだよなぁ。
ビギンズナイトで復習をしたくなってきた。
今回は二人が一つになることで、相棒が消える事になる。
決断をしなければならない。

「ダウンタウン・ブルース」。
奪われる街の仲間達の顔。生きる希望が次々と失われていく。
フィリップを笑顔で送り出せなくなりかけた罪。亜樹子までもが餌食となった事で翔太郎は決断する。
おやっさんの帽子であるとはいえ「白い」帽子を被っていく所といい、仲間がやられた事で動き出した事といい、加頭の前に現れたシーンの立ち姿といい、探偵物語の最終回のオマージュなのだろうな。
稚拙な解釈かもしれないが、ダウンタウン・ブルースも築き上げてきた明日への希望を失って、工藤ちゃんが復讐鬼と化す話だった。
根底に流れているものをしっかりと取り込む。流れをそのまま取り込むだけじゃなくて、アレンジというか、作品独自の色も加える。こういうのを「オマージュ」というんだと思った。
探偵物語はこれを切欠に今までのおどけた自分を捨てて復讐する決断を、
Wは罪を数えて、これ以上街を、フィリップを泣かせない為の決断を。

姉。
加頭の「好き」という言葉が本気だったというのがちょっと面白かった。
感情をあらわにしない、出来ないと言った方が良いのかもしれない。
冴子が最後の変身を前に言ったのは結局「お父様」だった。実は一番家族に対する想いが強かったんじゃないかな?
あれだけいがみ合っていた妹を助けての最期。今までは男を手玉にとるような事が多かったが、その最期は自分を好きになった男によるもので。皮肉。
加頭の言葉も中々切なく、背景が見え隠れする言葉だった。寄り添う人の居ない孤独。
愛した冴子を殺すというのも、翔太郎がフィリップを手放す構図とちょっと重なって見えたり。
で、冴子の亡骸の目を閉じて、文字通り涙を拭いにやってきた翔太郎にゾクゾク。

白い帽子。
ここでW-B-X!
ガジェットの大活躍に燃えた。なるほど、小さい、ちょこまかとした物が相手だとうまく力を発揮できないのか。
しかも生き物ではないから生きる希望を奪うだとか、そういった精神干渉能力は通用しない。
データ人間として扱われた若菜姫を救う為に挑む姿はビギンズナイトと重なっても見える。
…まさに若菜姫はお姫様な扱いとなったわけだなぁ。
施設が一気に爆散するのはらしくて良い。

『さあ、お前の罪を数えろ』
ラストならでは。翔太郎とフィリップの生の決め台詞。決めポーズ。
感無量。翔太郎とおやっさんでのポーズも良かったなぁと思い出した。

最後の変身。
フィリップの圧倒的なやる気。その力を吸収しきれる筈がない。パンクするに決まっている。
しっかし、上手いなぁ、と思うのがここまで使っていなかった必殺技がまだあって、それを見事に使ってくれたこと。
プリズムマキシマムドライブによるその名も、「ダブルプリズムエクストリーム!!」
やられました。まさかここで、それが来るとは。
「ダブルボイルドエクストリーム」とも聞こえた…。

別れ。
これがまた、選曲が良い! 正直ハスキーボイスってあんまり好きじゃないんだけど、映像に合ってた。
Cyclone Effectのアコースティックバージョンは実はかなりの名曲だと思ってたんだけど、本編で使われるとはね…。
変身解除の瞬間、泣きはらす二人に勿論、心を揺さぶられる。
この、別れという孤独感。正に、仮面ライダー。

プレゼント。
ロストドライバーか、単純に泣き落としのアイテムだろうと思っていたけど、両方でした。
泣けと言わんばかりのコンボ。永遠の相棒。
照井にちょっとビックリした。亜樹子が居て安心した。

次回。
エピローグ。クウガを思い出す。
撃たれる翔太郎。これまたビギンズナイトと同じ構図だろうか。
…まさか何処かで、翔太郎らしき後ろ姿の男が青い傘を投げて終わり。じゃないだろうな…。

第/47話

  • 2010.08.15 Sunday
  • 10:16
救えたもの。
なんと、ミックを助けだす事に成功。ミックの可愛さと本当に嬉しそうなフィリップに和むもそれも束の間…。
粒子化が始まるフィリップ…。ちょっと電王のラストも思い出したり。
やっぱり相手を思って、言えないし、言わないんだよねぇ。
最後の時と覚悟を決めて、最初で最後の依頼。そのモノローグだけで泣けた。やっぱりこのイントロ大好き。

財団。
上司も変なキャラ。極度に時間を気にする。 最終回が近いからかしら
ガイアインパクト。NEVERが狙っていたものより冷酷というか残忍というか。
選ばれたものだけが残る儀式のようなものとでも思っているのだろうか。
ところで投資候補の中にNEVERがあったのも面白かったが、それ以上に驚いたのが、メダル。
やはり、Wとオーズは共通の世界観になるのだろうか。とすると、昭和以来の事となる。(個人的にRXはあんまり認めたくない)

レーシング。
やや唐突。でも冴子さん何でも似合うな…。
バイクアクションかと思ったかそうでもなかった。というか、ナスカのメモリがブレイクされていた事をちょっと忘れてた。
あらゆる意味で、頼る物を無くした冴子。もう依存する物がないわけで。ある意味行く末が一番気になる。
若菜が生きていると聞いて少し動揺した感じがあったが、最後はやはり家族か…?

ユートピア。
ラスボスはやはり加頭か。そのデザインはウェザーやテラーの延長線上にも見える。かっこいい。
スポンサーの特権。という言葉に思わず「なるほど」と呟いてしまった。
その能力はいわゆる念力。闘魔傀儡掌を思い出した。…大分違うか。

告白。
今まで変身できない状況は何度かあった。けれど今回はワケが違う。
最後の一回。それはとっておかなければならない。
やられるアクセルを黙って見ていなければならないのは本当に歯痒いだろうが、あくまで冷静にいなければならない。
そこはやっぱりフィリップ。対して翔太郎は…。

冴子のヒント。
ここに来て冴子姉さんがデレ始めた…!

ビギンズナイト。
シュラウドなら何とか出来るんじゃないかと走るが、逆に救う方法が無いという事を証明する事になってしまう。
正体を知らなかったとは言え、フィリップを救ってきた翔太郎。シュラウドからの感謝の言葉はやっぱりクるものがある。
そしてその出会いを作ったのもまた、シュラウドであったと。
初めは翔太郎はハーフボイルドハーフボイルドとフィリップに比べるとダメな人間として描かれて、そんな翔太郎が成長していく物語だとされていたが、本当は成長しているのはフィリップで、翔太郎自身は最初からそこまでブレる事がなかった。そういう意味では翔太郎はハードボイルドなのかもしれない。

送別会。
こういうのがまた泣ける。亜樹子ナイス。
「今は大好き」この言葉もまた染みる…。
翔太郎へのプレゼントはなんだろう。切札となり得るものだろうか。予想として思い浮かんだのはロストドライバーだが、単純に思い出の品による(視聴者への)泣き落としかもしれないな…。それでも良いや。
どっちにしろ泣くわ。

突撃。
こう、雑魚を蹴散らしていく感じがラストっぽくて良い。
疾走のアクセルを聴くだけで物凄いたぎるようになった。

変身不能。
覚悟が、決断が出来ない翔太郎。ハーフボイルド。

圧倒。
照井の今までで一番ヤバそうなやられっぷり。ちょっとトラウマになりかねない感じ。
それでも翔太郎は決断出来ず…、暴走してしまう。
まーったくハーフボイルドなんだから…。

動揺。
大切なものを傷つけられる事で共鳴してしまう。
ある種のフィリップの成長の証。だが、今はそんな悠長な事をいっている場合ではなく…。
そういえば、初めて劇中でWに一度も変身しなかった。こういう所に作り込みを感じる。

次回。
「最後の…変身!」ダメだ、容赦なく泣かす気だこいつら。
東映公式読んだら探偵物語を見た身としては思わず悶えてしまう事が書かれていた。
ウォッチャマンがボコられてた時にも同じような事を考えていたけど…やだそんなの…。あんな後味悪いのを…。

残り、二回。

第/46話

  • 2010.08.08 Sunday
  • 10:04
危機。
照井のボロボロっぷりが痛々しくて画的に良かった。恐怖に狂った翔太郎も。
今までどこか情けなくても頼れる翔太郎と、ハードボイルドで頼れる照井。この二人が目の前で打ちのめされて、フィリップにはかなりのショックがあっただろう。

落ち込む事務所。
翔太郎の様子は視聴者にとってもかなりショッキング。
刃野さんも流石にこれはヤバイんじゃないのというコメント。ヤバイです。
恐怖によって支配される。逆に言えば、恐怖を打ち破る、自分の内面に打ち勝つ事が、勝利の鍵なのだろう。

家族。
離散した家族。心も通っていない。笑われるフィリップが寂しくて寂しくて…。
久々に繰り広げられる命がけの姉妹喧嘩は形成が逆転。
姉という威厳も陥落。ただ、メモリブレイクまで行くとは思わなかった。まともに活躍しなかったなRナスカ…。
このシーンなんかに代表されるように、今回は大分駆け足気味だった。残り話数を考えれば妥当だけど。

でも、家族がバラバラでもそれぞれパートナー的な存在は居るんだよなぁ。
フィリップには翔太郎、琉兵衛と若菜、冴子と加頭、シュラウドはついこの前翔太郎とも和解したし、そもそもフィリップに対しては愛情を持っていた。
シュラウドが自分から翔太郎をフィリップの「家族」とまで言ってくれたのは何だか嬉しかった。
フィリップは成長した。翔太郎達と過ごす事で。
翔太郎が「ジョーカー」である事は、こういう事を意味しているんだなぁ。と、映画でも同じような事が言われていたので何だかジーンとした。
きりふだーはじぶーんだけー♪

別れの言葉。
何か仕掛けのある言葉だとはわかっていても、中々泣ける台詞だった。
亜樹子の叫びが良い。
それに加えて、響子の行動力が凄い。これらがなかったら、翔太郎は動けていなかったかもしれない。

父さん。
琉兵衛が一瞬動揺したように見えなくもなかった。
今にして思えば作戦を決行する前の最後の一言なわけだから、どちらかというとそういう意味での「本当に良いんだね?」という言葉だったのかも。

除ける悪魔。
イーヴィルテイル。その正体は、琉兵衛が恐怖する物。
自分の決断は間違っていなかった。そう思うために家族としての思い出を封印していたのだろう。
そうして自分に言い聞かせているのは、まだ家族を思っている事の裏返しでもある気がした。
はけに書かれた家族の名前が凄く切なかった。
琉兵衛の恐怖を理解したとき、翔太郎は自分の恐怖にも勝った。

繋がる意識。
血が繋がっている若菜を離れ、翔太郎と意識や心をを繋ぐというのが感慨深い。巧い。
家が建っているだけでは家族と呼べない。という歌詞を思い出した。
これがフィリップと翔太郎の決断。悪魔でもない道具でもない相棒なのだと。
悪魔と相乗りする勇気。思えば組んでから翔太郎が何かに恐れ慄いた事は無かったかも。
血が繋がっていない事が、逆に二人をより色濃く繋げているような気がした。

「Extreme Dream」。
ある意味の半分こ怪人になってテラードラゴンに立ち向かうアクセルが凄くかっこ良かった。
死なない男。マキシマムドライブはAの形なわけだけど、フェニックスのようにも見えた(?
テラーがあっさりと、為す術なくやられたのはちょっと意外だが、展開を考えれば十分。熱かった。

崩れる家。
焼き尽くされる家。思い出と共に、家族への思いを抱いて死ぬ琉兵衛…。
父親の死はやはりフィリップのみならず、冴子にも影響を与えたようだ。
園咲の居城は崩れた。哀しい愛憎劇も、もうすぐ幕が降りる…。

残された事。
いよいよ加頭が動く。若菜も冴子も手中に抑えて何をするのやら。
ミュージアムはもう陥落するわけだが。

次回。
サブタイ「フィリップからの依頼」。最後の依頼者はフィリップとなるのか。
最終三部作突入か。


ところで、劇場版は公開日に見てきました。衝動的にどうしても我慢できなくなって。
凄まじく面白かったです。W見てる人は絶対見に行った方がいいです。

第/45話

  • 2010.08.01 Sunday
  • 10:28
運命の依頼。
園崎琉兵衛を恩人とする女性。とてつもない恐怖の存在であること知らずに憧れを抱くというのは何だか少し哀れ。
彼女も何も知らなかった。
ところで、「『轟』『響』子」って…。鬼…?

ご馳走。
久々にウキウキの琉兵衛。そういえば甘い物好きなんて設定あったなぁ…。と思い出した。

園崎の土地。
随分あっさりと入れたなー。そんな所に大事な物が落ちていたりする所はやや突っ込みどころか。
亜樹子のダウジングは…、まあ良いや…。

解禁する本。
真実を知るのは誰しも怖い。今まで隠されてきた事だからこそ。
何も知らないのもアレだけど、いざ知ると知らなければ良かった。って事は幾らでもあるよねー。
若菜自らの挑発が怖い。

スミロドン・ドーパント。
何だかパワーアップしてないか。高速移動もここまでのものだったっけか。
流石にエクストリームは負けないようだが。

迷い。
響子もフィリップも迷いを振り切る為に走りだすが、その先に待ち受けているのは過酷な真実だった…。
響子が琉兵衛に憧れを抱く理由がイマイチわからないが、次回で説明あったりするかな?
それとも自分が聞き逃しただけかな?

恐怖心。
これがシュラウドの言っていたテラーの力。恐怖に体が蝕まれる…。
変身すら躊躇うようになってしまう。こうなるとやっぱりダイ大のポップを思い出す。
ポップに必要だったのは「勇気」だったが…。翔太郎はどうなるかしら。
翔太郎、竜と琉兵衛の対峙は中々ゾクゾクした。
早い所翔太郎はもずくに浸かった方が良い

猫。
アクセルは一度スミロドンを圧倒した事があった筈だが…。やっぱりパワーアップしてるのかな。
と、ここで久々にサイクロンメタルが活躍。流石だ。
ミックがここまであっさりメモリブレイクされたのは意外。ミック可愛い。

怪物。
今まで隠されてきた大ボスの能力が明らかになるという事でワクワクした。
デザインも中々怖く。噛み砕いてしまえというのもエグい。
照井はやられ役に徹してしまっているが…。

衝撃。
フィリップは既に死んでいる…?
落っこちて地球と直結したとかそういう感じかと思ったが、それどころじゃなく死んでいたとは。
そんな所まで予想できなかったぜ。

次回。
祝う家族、恐れる翔太郎、そして照井はタービュラーと合体…?
残すところ、後4話。

PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

TWITTER

HOW TO LINK

当ブログはリンクフリーです。リンクしてくれたら泣いて喜びます。 バナーが必要であればこちらを保存してどうぞ

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

IDEA
IDEA (JUGEMレビュー »)
氷室京介,松井五郎,松本隆,スティーブ・スティーブンス,佐久間正英

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM