第31話(最終話)

  • 2009.08.30 Sunday
  • 09:14
スーパーアポロガイストに圧倒され、夏みかんがさらわれる。
今更ながらガイの「〜のだ」が何か面白い。まあ、あえてあの口調なんだけど。悪役の王道か。

本当の、世界の破壊の中心。それはディケイドだと言う剣崎。
うーむ。なんだか何故ディケイドがそうなのか、説明がなくてイマイチイメージが湧かないのが残念だったなぁ。
ポッと出の剣崎が言う事を鵜呑みにするのもナンダカナーだし。強かったから信じたのかな

自分から出ていかないなら力ずくで・・。と、剣崎はブレイド・キングフォームへ変身!
「ウェイ!」じゃないのがちょっと残念だが、この剣崎は落ち着いた雰囲気だからいきなり「ウェイ!」って言われても画がおかしくなる気がするからまあ良いか。
ただ、ロイヤルストレートフラッシュ放った時の声が若干「ウェイ!」だった気がする。

傷を栄次郎に治してもらう士。今まで撮ってきた写真が消え始めている事に気づく。
「どんな旅にも無駄はない。どんな人生にも無駄が無いのと同じだよ。」(うろ覚え)
そうか、そういえば夏みかんって常に敬語だったよな。こんなに笑うようになったのは旅のおかげ・・。
泣ける。

アスムとワタルにこの世界から出て行くように言われる士。
子供二人に言われるのは何だかキツイ。更に、剣崎が追い詰める。
「強がるな」、お前が消えれば世界は救われる。剣崎が言うから説得力がある。
ただ、やっぱりこの剣崎はあの剣崎とは別な剣崎だと思った。本当の剣崎なら、士を救う手段を探すと思う。

響鬼、キバに変身し、士を排除しようとするが、そこで守ってくれたのが・・・ユウスケ!!
ここがマジで泣けた。流石だぜユウスケ。迷いながらも「行け!」

ガイとの戦いに出向く士。大樹が止めようとする。
「君を倒せるのは僕だけ。そんなお宝を失いたくないんだ。」(うろ覚え)
良い意味で今までのツンの大樹はどこへやらという感じだが、戸谷の演技の迫力が凄くて・・。

もし自分が死んだら夏みかん達を頼む。こんなことを頼めるのは、海東だけ。という士。
ユウスケは消えそうな世界の一人だから、大樹に頼むんだろなぁ。
世界をくれてやる・・。

アポロガイストと対峙。
「例え世界を敵に回してもたった一人を助けたい。」(うろ覚え)
成程。そう繋げてきたか。続いて現れた大樹とユウスケがまた泣けた。燃える。
旅の果てに見つけたもの。仲間。仲間とは笑顔にしてくれるものであって、居場所であって、一緒に戦う相棒であって、一緒に生きる道を探すもので、互いに高めあうものであって、なにかを伝えるものであって、その為なら一人で立ち向かう強さを持てるものであって、一緒の時間を過ごすものであって、なにかが伝わる友達であるものなのかも。
と、ちょっと無理矢理かもしれないが、この十年記に置いての「仲間」はいろんな事が集約されてる気がした。
・・ちょっと無理矢理だな。ごめん。

響鬼、キバも加わり、怪人達を撃破。
全くカメンライドしなかった響鬼がここで活躍するとはなぁ。
大分戦闘が省略されてるのはご愛嬌。

コンプリートフォームでファイナルアタックライド・ディディディディエンド!
アポロガイストを撃破。ちょっとあっさりし過ぎだけど仕方ない。

直後、アスムとワタルが消滅・・。と共に渡が現れる。
全てを破壊する筈が、士は彼らを仲間にしてしまった。
渡は自分を救う為になら他者を潰す事も構わないだろうと思っていたのかもしれないが、そもそも目的がイマイチわかってない士はそんな事はしなかった。

再現されるライダー大戦。
戦いの最中で気絶していたユウスケはキバーラの力で、黒目のクウガアルティメットとして復活してしまう。
とんでもない孤立無援だ・・・。
・・・あれ?終わるのかこれ?

銃口を向けるディエンド。大樹までもが?
まあ、多分大樹は何か助ける考えがあるんだと思う。
・・・あれ?

「ライダー大戦は劇場へ! 12月12日公開!」
うわー。全部放り投げやがった。丸投げだ。しかも映画は映画でも冬の映画だ。
ある意味史上最低の最終回だなオイ。
ただ、まだ続くのが少し嬉しい気がする自分がいた。

次回。新番組「仮面ライダーW」。
期待してます。


十年記。各平成ライダーのテーマやらなんやらを体現。
これは本当に素晴らしかった。ブレイド電王あたりがちょっとやり切れてない気がしたけど。
個人的に好きなのを三つ選ぶなら、アギト、響鬼、カブト編。
作品の根底にある物をこうやって見せられると各作品の情熱だとか、そういうものが湧きあがってきて毎週どうやって魅せてくるのか楽しみで仕方なかった。
敬意でもあるけれどぶち壊しでもある。そのギャップが素敵というかなんというか。
だめだ語彙が足らない。

ディケイドの本筋。
最終回で遂にハッキリと台詞に出された。世界を旅する末に見つける仲間。
今までの旅が本来、破壊していくはずだった。ってのがまた感慨深い。
ディケイドのキーワードはやっぱり「世界」なのかな。
士がたびたび言ってた「俺が世界だから」。物凄い自信満々なセリフに聞こえるけど実は当然の事な気がする。
自分意外の視点では世界を見る事はできない。だから俺は世界。世界は俺。俺は俺。
どんな世界でもそれは変わらない。士がそうだったように。
そう考えて行くと、アポロガイストの断末魔「世界に迷惑をかける存在」。これも誰もがそうなんだろうな。
そこで共に生きていく事ができるのが仲間。同じ世界で生きている。
「通りすがりの仮面ライダー」。自分の世界を探しているうちに通りすがっていく士のキメ台詞。
ずっとその世界に居る事はできないわけで。だから通りすがりになるわけだけど、その間に世界は幾らか破壊されている。
破壊の跡はディケイドが通った道。士が残していったものは破壊だけではなかったけれど。
自分は破壊の跡すら残せない人間な気がする。

なんだか陳腐な小考察をしてますが。
作品としては一旦の終幕すら出来なかったのはやっぱりどうかと思うなー。
なんだかんだで、本当に短い半年だった。本当に楽しませてもらった。
映画に期待しよう。というわけで、満を持して、オールライダーを見に行こう。その内。

・・・はっ。
おのれディケイド!お前のせいで俺の財布の世界まで破壊されてしまった!

第30話

  • 2009.08.23 Sunday
  • 10:36
夏みかんの夢。
クウガ編を見終わった辺りで、最終的に士が暴走してそれを救いに絆を紡いだライダー達が助けに来る。みたいな予想をしてたんだが、どうやら大分外れているようだ。

ブレイドの世界とキバの世界の争い。
まさか各怪人とも共闘してるとは。
そういえばブレイドどキバって、どっちとも最終的に共存を目指すようになった作品だったなぁ。

イクサとレンゲルが爆死。
ディケイドだから許せるけど、こんな簡単に爆死されてもなんか困るなぁ・・。
まあ、ハードさを見せる為なんだろうけど。

ワタルと再会。
本当に久しぶりだ。もうそんなに時間がたったのか・・。

ファンガイアのクイーン・ユウキ。
演じるは芳賀優里亜! またクイーン役。でも深央さんと違ってなんか黒そうっていうか黒い。
目が怖かった。

キバ側につくかブレイド側につくか迫られる士達。
くだらないと言い切る士君がイイ。「俺はすべての破壊者だ。」という台詞。
争いを止められるのもまた、士君だけなのかもしれない。

鳴滝の懇願。
鳴滝さんが頼みごとをするのは初めてか。
止めるには大ショッカーを倒すしかない。本心からお願いしてるのだろうか。なんか深読みしてしまう。

カズマとワタルを説得するが、逆に自分の世界がない士に俺達の気持ちはわからない。とまで言われてしまう。
ふてくされる士君が可哀想だった…。あれは本気で落ち込んでたな。
カズマとワタルを叱咤するユウスケ。これで良くはないよな。うん。ナイスユウスケ。

サガに襲撃される響鬼達。
うーん。またオリジナルキャスト揃えるのも無理だから一気に倒させたんだろうけど・・。
寧ろオリジナルキャストだったからこそ、ちょっとショックが大きい一瞬だった。
別人な声が聞こえてたからまだ大丈夫だったけど。

立ち尽くす夏みかんの前に現れたのは・・・剣崎!!
なんだか劇場版の橘さんみたいな雰囲気。
「本当の敵は大ショッカーではない」
ディケイドの事かな?

アスムと話す大樹。
「少年君」がまた聞けて嬉しい。

ガイとユウキの結婚式。ガイはファンガイアの力で参列者のライフエナジーを吸い取る。
なるほどー。この為だったのか。予告でパーフェクターがステンドグラスっぽくなってたので大体予想してたけど。

そこへ士が登場。更に、カズマが助けに来てくれた! ギャレンもいるぞ!!
ブレイド編のあのセリフをそのまま言ってくれたのが良かった。
ユウキはソーンファンガイアへ変身。モチーフがわからなかったが、またナマコかw

大樹も加勢。
「士に手を出す奴は僕が許さないから、覚えておいて」(うろ覚え)
この台詞はないww デレすぎるだろうw

コンプリートフォーム。遂に演出を省略。
まあ遂にとは言ってもあと一話しかないんだけど。
それにしても龍騎サバイブのファイナルアタックライドは幾らなんでも省略しすぎ。
バイクが良いのにねぇ・・。

ガイがアポロチェンジ。
スーパーアポロガイストになった。 パーフェクターの色変わっただけ

アポロガイストが力を込めると世界の融合が進み、なんと、カズマとギャレンが消失。
えええええ。かなりショッキング。
そして「始まったか・・」と呟く剣崎。来週の活躍に期待。

次回。最終回
終結するライダー、黒目のクウガアルティメット。
ううむ、何か舞台が出来上がってない気がするが、これ終わらせられるのか?
やっぱり劇場版に丸投げとか?

第29話

  • 2009.08.16 Sunday
  • 09:39
ギギの腕輪を奪われてピンチのアマゾンをクウガが助ける。
久々の超変身!カマキリをタイタンフォームで倒した。かっこいいぜユウスケ。

苦戦するディケイドをディエンドが助太刀。
やっぱり大樹か。最近の二人のツンデレぶりは目に余るものがあるな。
「むこうが十面鬼ならこっちは三面鬼だ」
なるほど・・そういう事で鬼召喚だったのか。出番これだけか。

鳴滝と遭遇する大樹。
なんかもう、本当にツンデレだなもう・・・。あくまで士の邪魔という形をとるわけだけど。
ところでやっぱり描かれてない大樹がディエンドになった訳。
まあ、描く予定ないならもうどうでも良いけど・・。

大ショッカースクールの保健室に潜入。
小さい傷を夏みかんが治療してくれて士が痛がる。というこの画はありがちながら何かイイ。

保健室にアマゾンとユウスケもやってくる。
自分が信じれば相手も信じてくれるとは限らない・・。
やっぱり疑うより信じる方が勇気っているんだよねー。

マサヒコの姉のリツコが保健室に入ってきた。
怒った感じの士君が恐いとか思ってしまった。怒るの当たり前だけど。
リツコは迷った雰囲気も見受けられる。

父親を思い出して涙するマサヒコ。
なんか泣ける。

ガイに連れられてギギの腕輪を十面鬼に渡す事になったマサヒコだが、十面鬼の計画を聞いて驚く。
大ショッカーを崇拝しては居るけど怪人になるのは嫌なのか。
うーん。なんか微妙に同情できないような・・。
まんまと騙した十面鬼達の鬼畜ぶりは流石だが。

ショッカー戦闘員に扮してマサヒコを助けにきた士とユウスケ。
まさか戦闘員の衣装まで着る事になるとはなw
似合ってるような似合ってないような。ユウスケの方が何となくハマってるような・・?

アマゾン達にマサヒコを助けてくれるよう頼み込むリツコ。二人は士達を信じるようになった。
・・・なんかこれじゃあ姉弟が自分勝手にしか見えない。
ここにきてグダグダになるとは・・。
アマゾンは最初から最後まで信じてたから良いけど。

怪人化実験を行っていた十面鬼の元にディケイドが乱入。
いきなりファイナルアタックライドで吹いた。

十面鬼からギギの腕輪を奪うマサヒコ。
もっと腕輪の奪還でこじれるかと思ったらあっさり。ううむ。

疑いばかりの最悪の世界。
信じる心を失った世界も恐ろしいものだ。
ただ、今までの描写じゃあ、説得力があんまり感じられない気がするなぁ。
ちょっとズレてるような・・。

パワーアップしたディエンドのアタックライド・イリュージョンで十面鬼を圧倒。
またまたあっさり腕輪を奪ったわけだが・・・。十面鬼さんドジっ子。

カメンライドでガガの腕輪がディケイドの右腕に→ファイナルフォームライドアマゾンでアマゾンの元に
この流れがなんか???だった。いや、腕輪が揃うことに意味があるのはわかるが。
アマゾンが超絶変形する事もないとはわかってたけどわざわざカード使うのか。
まあ、腕輪が揃ったアマゾンこそファイナルフォームって事なのだろうけど。
あれ?ファイナルフォームライドだったっけ?

ディケイドコンプリートフォームでファイズブラスターフォームを召喚。
やっぱりファイズ。この選出は頷ける。
とどめはスーパー大切断。掛声は・・あれが味なのさ。血しぶきが素敵。

野球のユニフォーム姿でキャッチボールするマサヒコとアマゾン。
遂に見つけた安住の地。三人の笑顔に和んだ。
ここで勿論士は写真を撮る。

光写真館。
何故か大樹も居る。それに突っ込む士が何かわろた。
全員揃って最終局面へ。って事か・・。
次の世界は・・・

次回。
アスム、ワタル、カズマが登場。遂に世界の融合が始まった!
ワクテカ・・・と思ったら、「剣崎・・一真?」
剣崎!!!!
ウェーイ!出番どれぐらいかはわからないが、楽しみすぎるぞ来週。ギャレンもいたし。
一瞬芳賀に気づかなかったのは内緒だ。クイーンとして出るのか?それとも真理?

第28話

  • 2009.08.09 Sunday
  • 10:24
「イーッ!」と挨拶する人々。
傍から見ると中々恥ずかしいぜ。

士達が市民に反乱分子だと指をさされ、怪人が出現。すると仮面ライダーアマゾンが現れた!
この棒読みはどこまで本気なのか・・。まあ、いずれにしろ奇怪さのアクセントになってるから良いけど。
アーマーゾーンに迫力がないのはちょっと残念。

士「仮面ライダーアマゾンだ」
そういえば士君って行く先々で出会う仮面ライダー全部知ってたんだよなぁ。
思えばそれも伏線だったのかもしれない。
もうディケイドは元々ショッカーだった。でFAだよな。多分。
鳴滝さんは大ショッカーを倒そうとしていたんだろうな。だから大ショッカーが怪人を召喚するのに対して、仮面ライダーを召喚していたのだろうよ。

ディケイドと共闘するが、市民は怪人を応援する。
今度は仮面ライダーを嫌うというか、怪人を支持する世界か。大ショッカーの世界か。
またもや居場所のない世界。
ただ違うのは、敵しかいない世界や市民が洗脳されていた世界とは違って、市民自身の意思で批難されている事。

大樹と遭遇。
前回の ホモ的発言 台詞を受けて士が存在に気づいたのが何か面白かった。
でも大樹は相変わらず。ここでのお宝はギギの腕輪とガガの腕輪。

アマゾンのアジト=光写真館。
ユウスケのノリ突っ込みにワロタ。
というか今日のユウスケはアマゾンと異様に仲良くて面白かった。

ショッカースクール。
コントにしか見えないとか思ってしまった。演出のせいかもわからんが。

優秀生徒のマサヒコ。
なんかこいつだけメイクしてるのは何故なんだろう。
それのお陰でなんとなく昭和っぽい画になってる気がするが。

マサヒコにアマゾンのアジトを突きとめるよう要請する大ショッカー。
こんな子供に・・と思ったが、騙し打ちなら子供はもってこいか。
流石卑怯の鏡。高笑いも古典的だぜ。
真の正義の為・・か。

他にもいた反乱分子が弾圧される。
何かのインタビューで読んだ気がする。
仮面ライダーで大事なのはバイクでもキックでもなく、同士との戦い、反乱であると。

ショッカー戦闘員に襲われていたマサヒコを助けるアマゾン。
自分は行かずにユウスケを行かせたのは疑ってたからかな。士君。
子供にも容赦ないのが良いわ。

アマゾンにおんぶされて父親を思い出すマサヒコ。
ああ、冒頭の野球のユニフォームはコレか・・。次回で何か繋がるのかな。

マサヒコをアジトに連れてきてしまい、十面鬼がマサヒコを無視して襲撃してくる。
堂々と子供に名誉の戦死とか言ってくるガイは素敵な鬼畜だわ。

ディケイド、アマゾン、クウガの同時変身。
かっこいい。クウガの変身をフルで観たのは久々。

パーフェクターを破壊するディケイド。
士君かっこいい。これでアポロガイストにも弱点が出来た・・かな?

アマゾンの必殺技。
大切断とか、流血を見せてくれたのが良かった。
響鬼ではよく見たけど、最近なんかタブーみたいな扱いだからなぁ。

戦闘の最中、マサヒコに向かった流れ弾を代わりに受けるアマゾン。衝撃で変身が解ける。
これでマサヒコも改心・・かと思ったらアマゾンのギギの腕輪を強奪。
裏切られた気持ちもわかるけども、そんなぁ・・。

十面鬼とアポロガイストを一人で相手するディケイド。
流石に無理か・・。コンプリートフォームになる隙もなさそうだ。
ディエンド辺りが助太刀に来るかな?

次回。
なんか響鬼ライダーがいっぱい居た気がする。嬉しい。


マサヒコって片仮名だからもしや。と思ってググったけど、彼もリ・イマジネーションだったか。
予備知識なくてごめんなさい。モグラ獣人もアマゾンのネタだったか。
ファイズにカメンライドしたのはモグラ獣人繋がりか。成程なー。

第27話

  • 2009.08.02 Sunday
  • 09:33
仮面ライダーBLACKに襲われる士。彼はRXとは別人なのだ。そこに現れた大樹はファムを召喚して手助け。
「彼は女の扱いが苦手なんだ」
そうだったのか・・。それにしても本当に姑息だわ。

パーフェクターを争っての口論。
殴り合いに発展したのはちょっとビックリしたけど、まああそこは殴るわな・・。
強がりすぎだよ大樹。士君も。

龍騎に変身、ミラーワールドを飛び回ってガイを発見した士君。
そんな手があったとは思わなかった。ちゅうか次回予告にあったアレはカットされた模様。

アポロガイストは少女を盾に攻撃を逃れようとする。
古典的な外道で笑った。卑怯すぎる。
ただ、ディケイドならカブトに変身してクロックアップすれば・・・。とか思ってしまう。
まあ、そういう突っ込みも今更すぎるけども。

子供を無視して攻撃しようとするディエンド。その攻撃をディケイドは代わりに受ける。
「子供は宝」。天道もそんな事言ってた。というか、台詞がそのまんまだった気がする。
太陽の子どころか、太陽のお言葉です。

それを見てBLACKがディケイド=士は破壊者ではないと断定。
なんか今回、編集がイマイチというか、ブツ切りが多くてテンポおかしかった気がする。

BLACKの南光太郎は霞のジョーと共に戦っているという。
こっちに来てたわけかー。でも本人が登場しないから何かわかりにくかった。
寧ろ霞のジョーはつまり士君の事なのかと思った。

シュバリアン出現。オーロラも出現。前回と全く同じ構図で光太郎は士君を行かせる。
「二度と戻れない」が数秒で撤回になるとは。あっさり「戻ってきたか」とか言うガイが何か間抜け。

ガイは新たにオルフェノクとワームを召喚。
例え勝ち目が無くても戦う事。仲間と共に戦う事・・。
平成って、クウガを除いて仮面ライダーが序盤から何人も登場して戦ってたけど、昭和は居るにはいるけど今ほどではなかったからなぁ。
BLACKは10人ライダーにも入ってないんだっけか。

BLACKのカード。大樹が「君は使えないカードだ」と、奪い取って、召喚。二人の南光太郎。
えええカメンライドかよ。と思ったけど、これが大樹の本来の役割な気がした。

BLACKとBLACK RXのダブル変身。
本当、アクション多いな。かっこいいけどね。でも覚えられなそう。自分は未だにアギトのバーニングフォームすらうろ覚えだ。

重体の夏みかんが息を引き取る。
ファイズの時のあの感覚をちょっと思い出した。衝撃。展開は読めるけど・・。

大バトル。コンプリートフォームでアギト・シャイニングフォームを召喚。
太陽です。でも必殺技省略しすぎ。

大バトルの末、アポロガイストVSディケイド&ディエンドに。
憎まれ口を叩きながら結局共闘してるのが面白かった。二人ともツンツンしすぎ。
スローモーションとか、この戦闘凄くかっこよかった。

パーフェクターを奪い取るが、大樹が持ち去る。
あああうぜえええ。悔しいいいいい。

ユウスケが夏みかんの容態が悪化したと士に伝える。
それを聞いたBLACK二人がアポロガイストの相手をして、士を夏みかんの下へ行かせる。
ここでようやく本格的なダブルBLACKの共演。かと思いきやRX潔いわ。

パーフェクターを持たずに病院へやってきた士。
今まで見たことない、絶望な表情。この空気がなんとも・・・。
そこへ大樹がやってきて、「受け取りたまえ。けれど、僕を見ていてくれ」(うろ覚え)
うへえ、物凄いデレが出てきてまいりました。
仲間なんて〜とか言ってたけど、本当は仲間だと思っていてほしいのかな。
大樹も仲間を持たずにこれまで通りすがりの仮面ライダーやってきてたんだよなぁ。
今回の行動も大樹らしいといえば大樹らしいか。手遅れにはならなかったし。

自分の命をパーフェクターに与え、それを夏みかんにやる士君。
今後に繋がるのかなぁ・・コレ。

蘇る夏みかん。
ユウスケのはしゃぎっぷりが面白い。「写真撮ろ!写真!」

ゴルゴムを召喚したアポロガイスト。見兼ねたBLACKが加勢。
折角の一騎打ちを無駄にするとは。
ここで、ダブルBLACKのダブルライダーキック!かっこいいわああああ。
アポロガイストは生きるのね。

戦いを終えて消えるBLACK。
ちょっと寂しさがある画だと思った。

全てを終えて、士と光太郎。
離れていても繋がっている。ありがちだけど、良い言葉だよね。
熱い台詞をはきまくりだけど、ちょっと光太郎は出番少なかった気がする。

二人の南光太郎の写真。
時空を超えた繋がり。

次回。
まさかのアーマーゾーン。
演技力が気になる所だ。自然繋がりで響鬼にカメンライドしないかなぁ。

PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

TWITTER

HOW TO LINK

当ブログはリンクフリーです。リンクしてくれたら泣いて喜びます。 バナーが必要であればこちらを保存してどうぞ

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

IDEA
IDEA (JUGEMレビュー »)
氷室京介,松井五郎,松本隆,スティーブ・スティーブンス,佐久間正英

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM