2017映画ベスト

  • 2017.12.31 Sunday
  • 21:35
足繁く映画観に通うようになってから2年目の自称映画好きですが今年映画観で見たのは48本らしいです(coco記録より)
ここに去年度公開扱いとか書き忘れ含めてもまあ50丁度くらいでしょう。
流石の「非オタクからするとそこそこの数字だけどオタクからするとなんでもない数字」です。私はなんでもそうなんですヌルいオタクなんです。
でも仕事とか身体状況精神状況考えると多分これが限界です。

とりあえずランキングは

01:キングコング 髑髏島の巨神
02:ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス
03:お嬢さん
04:ハイドリヒを撃て 〜ナチの野獣暗殺作戦〜
05:ジャスティスリーグ
06:ダンケルク
07:愚行録
08:KUBO 〜二本の弦の秘密〜
09:ローガン
10:ハクソーリッジ
(掘り出し物賞:ハードコア)

です。
今回10本はこのあたりだろうなってのはおおよそ決まったけど、ぶっちゃけ「これが1位だッ」ていうのはなかったです。良い意味でも悪い意味でも。
なんでかキングコングが1位になりましたし納得はある程度してるけど5位から上のどれが1位になってもいいですマジで。
まあ個人でランキングなんてものはすべからく気分で変わるものなんだろうけど、去年のシンゴジラ1位は確固たる意思があったなあと。
見たかったけど見てない作品もかなりの数あるんでその辺の状況でも変わってくるんだろうけど。
ここまで書いて思い出したけどツイッター上で上半期1位には「ヒトラーの忘れ物」挙げてるんですよね私。でもこの映画去年度作品扱いでしたので除外しましたが。
というわけで「私が今年観た」1位作品は「ヒトラーの忘れ物」でお願いします(ぞんざい)


一口感想的なのはcoco.toと続きで。

続きを読む >>

とーきーめーきーよーこえてーゆけー。

  • 2011.06.06 Monday
  • 20:37


ブックオフにて2500円ぐらいで売ってたのを発見。全然予定になかった完全に衝動買い。
まあ、前々からすっごく持っておきたい作品だなぁと思っていたのでいつか買う予定ではあったけど。
本当はブルーレイ化して欲しいんだけど、まだまだ音沙汰が無く、いつになるのかわからないので買っちゃいました。
やっぱり現物を手にすると言い知れぬ満足感に心が満たされますねエヘヘ。
ブックレットが思いの外凝った内容で得した気分。内容はレンタル用のと全く同じだったけど。
まあでもこの、引き出しをガラッと開けたら「仮面ライダーZO」って文字がドーンと出てくるのがたまりませんなぁ。

勿論内容もたまりませんなぁ。レンタル以来の視聴になったけど、やっぱり本当に濃密で異様な満足感で満たされる48分間。
駆け足ではあるけれど、ドラマ面も十分やる事をやり切ってるのがスゴイ所。ZOの悲痛さもそうだけど、ドラスを軸にした歪んだ親子愛が切ない。
オルゴールの伏線も王道ながらしっかりしてて、多少強引ながら十分のりしろ以上の効力を発揮している。
欲を言えば何度見ても最後のライダーキックは微妙。釣りすぎです。
観直してまた、MOVIE大戦2010でボスに抜擢されたのは嬉しかったなぁというのを思い出した。ドラス自体の活躍は微妙だったけど。

DVD買っちゃったけど、ブルーレイ化はお待ちしておりますバンダイビジュアルさん。
ZOとドラスのSHF化もお待ちしております魂ウェブさん。(切実

「未来戦隊タイムレンジャー」雑感。

  • 2011.04.30 Saturday
  • 16:47
先日見終わったのでなんとなく雑感を。例によって大した事書いてないですけど。

「未来戦隊」というだけあって、タイムトラベルな要素が多い今作ではあるが、キーワードとして掲げられるのは数年後とか、数十年後の未来というより、明日や次の瞬間といったごく近くの未来。
つまりは一秒後の自分のアクションで数十年後の出来事が変わってくる。という事で。
この作品では長期的に見て迷って葛藤して、動けなくなるぐらいだったら自分に正直に動け!というメッセージが強くてなんだかそれがちょっと意外だった。
長期的に見ない。という言い方では大分語弊があってなんだか良くない事にも見えるけれど、人間最終的にはやっぱり自分が動きたいと思った風に動くわけで。
それがどんな「思い」なのか。それによって運命が分け隔てられていて。悪意もあり善意もあり、野望もあり。
そこの書き分けがほんっとうに面白いこと面白いこと。
基本的には良い思いで、良い結果に終わるのが戦隊側、どちらかというと悪い思いで、悪い結果に終わるのが悪役側と、シンケンジャーもそうだったんだけど、こういう時に単純明快な構図はわかりやすくて見やすくて良いと思った。
ただ、シンケンジャーでは悪役側がもっと色々と絡み合ってて戦隊側より見所として自分の中では大きく成りがちだったんだけど、タイムレンジャーの場合ではどっちも複雑で比率が変わらなかった。
ここは「大人向け」というコンセプトが魅せる所か。まあ、シンケンの場合「外道」っていうキーワードがあったりするから戦隊側は単純であるべきだったから良いんだけども。馬鹿でかい爆弾を一個抱えてたわけだし。

以降は続きを読む。より。
ネタバレ全開ですのでご注意下さい。タイムレンジャーは特にネタバレは絶対に見ない方が良いタイプの作品です。

続きを読む >>

雨とタバスコと卒業

  • 2011.03.04 Friday
  • 23:32
去る3月1日、高校を卒業してしまいました。
自宅学習期間はビデオレンタル屋によく通ってましたが、まさか卒業式の前日に「失ってから大切さがわかる」なんて話を見る事になるとは思ってなかった。(超電王トリロジーEPISODE BLUEを見た)
月並みなアレではあるが、本当にそのまんまで。やっぱりその時が近づくにつれて急激に寂しい気持ちになって。
最後の登校はもうちょっと色々考えながら自転車を漕ぎたかったんだけど生憎その日は雨が降り、風も中々強く寒くて視界悪くてそれどころじゃなかった(迫真
最後だっつーのにこんな天気になるとは全国の高校生も残念だったんじゃないだろうか。
…今思えば、あれは別れを惜しむ人々の涙だったのかもしれない(翔太郎風に

別れを惜しむとはいっても卒業式の間は殆ど足痛い腰痛い尻痛いの一点張り。
実際あんな演説を何個も長々とやらなきゃいけないのだろうかと思ってしまう。歌歌うのは良いけれど。
高校の卒業式は中学のそれよりも大分長ーく感じた。お陰で涙ぐむ事もなく。生徒会長さんが答辞読んでる最中に涙ぐんだ辺りで他の生徒達にリアクションがあったので例によってニヤニヤしてしまったけど。
あと進行役の先生が明らかにテンパり始めたりしたのが面白かった。やっぱりそうなるんだな。と。

式の終了後、体育祭よろしく近くのビュッフェレストランでクラス会。
一部のイケイケな輩が派手なサングラスやおさげカツラ、ちょび髭、派手派手なネクタイなど妙な衣装を持ってきたために何度か爆笑してしまうことになりました。
こういう時の彼等はセンスありすぎて困る。というかテンション上がると何でも笑えるから困る。
食材を混ぜて不味いものを食おうという若者のビュッフェレストランでの恒例行事も開催されました。
主にタバスコを使って試行錯誤した末、最終的に開発されたのがポテトにタバスコとストロベリーソース(うろ覚え)をかけたもの。
誰が食べるかということで、このテーブルにいる人全員参加のジャンケンで一番負けになった人が食べるという流れになり、それまでは周りのリアクションを楽しんでいた僕も巻き込まれる事に。
ここで負けたら面白い事言わなくてもそれなりに面白いからオイシイなあと思いつつジャンケンに挑んだら、負けた
味は…、ストロベリーの香りが鼻に回りつつタバスコの辛味と酸味が口中にひろがって まさにゲロのような味
普段後ろに引っ込んでるような僕なのでそういう珍しさもあいまってか盛り上がってくれました。
ポテトは一本ではないので第二回戦も行われました。
ここで負けたら二連敗って事でオイシイなぁ。と思ってたら、負けた
衝撃の二連敗という事で大爆笑。「ジャンケン弱ぇぇぇぇぇ」という声が嬉しかった(?

なんやかんやでクラス会もお時間となり、店の外で体育祭の打ち上げよろしくしらばくだべってた。
最後に担任と副担任の二人へ送る寄せ書きを書こうという事で、先に書いていた女子は殆どが早めに帰っていったんだけど男子はほぼ全員遅くまで残ってた。
そこで色々大騒ぎして僕はずっと爆笑してたわけなんだけど。
…こうやって彼等の輪の中に居る事が出来るのも最後なんだなぁ…と。
でも皆がワイワイやってる時にそういう考えが強く浮かんではこなかった。やっぱり僕は楽しかったのかな。
自分から積極的になる事はやっぱり出来なかったけど、それでも彼等は優しかった。
中学の時も同じ事を言ってたような気がしないでもないけど、ボカァ本当に周りの人に恵まれてたんだなぁ。
Q10の如く一人一人に「さようなら」と言って回りたいぐらいなんだけどそんな度胸(?)はなく。

中学の時の卒業時の記事読み直すとやっぱりおんなじ事書いてるなー。
またいつか、縁があったら会おう皆さん。その時にはもっと成長出来るように。
これから専門学校へ行く予定なわけだけど、中学から高校に上がる時のように緊張、というより怯えている現状。
…何とかなったら良いな。いや、何とかする。のか。
ひとまずはこの喪失感のような感情を味わう事しか出来ず。

ピロリ、ピロリ、ピロリ、スタンディバーイ

  • 2011.01.23 Sunday
  • 23:52

奇跡は二度あるらしい。(前回
雑誌のプレゼント応募で、一名様の賞品を貰ってしまいました。
まさかまさかの超展開…。
いや、その雑誌「宇宙船」って初めて手に取って、本当に予想以上の情報量に感激して長文を書いたのだけれど。
まあ、その、ありがとうございました!



近い内に撮影させて頂きます。 箱を開けたら物凄いシンナー臭でちょっと鼻痛かった



このREAL ACTION HEROESとゆーシリーズは前々から知っていて高いだけあって物凄い作品だとは思っていた。
高いから学生ではちょっと手が出ないぐらいなんだけれど。
見ての通り、素体がスーツを着ている為に、本当にスーツがちっこくなったかのような質感。
現代ってスゲー。
品質管理に問題ありという話を聞いていたけれど、頂いた物は特に異常ありませんでした。



思わずへらへらしてしまう…。エヘヘ…。
S.I.C.響鬼クリアーカラーバージョンに続いて相当なお宝となりました。
ファイズアクセル購入券が少しばかり勿体ない気がしないでもないが…。
置き場所だとか、対策は後から考えれば良いという事で、遊ばせて頂きます。

これで一世紀分ぐらいの運を使い果たしたかな(?
明日不慮の事故で死んでも文句言えない

PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

TWITTER

HOW TO LINK

当ブログはリンクフリーです。リンクしてくれたら泣いて喜びます。 バナーが必要であればこちらを保存してどうぞ

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

IDEA
IDEA (JUGEMレビュー »)
氷室京介,松井五郎,松本隆,スティーブ・スティーブンス,佐久間正英

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM